【Jリーグ】セカンドチームのJ3参戦は疑問。育成問題の解決になるとは考えづらい

カテゴリ:Jリーグ

木崎伸也

2015年12月19日

J3に参加させるのは不公平。JFLのクラブ関係者が憤るのも無理はない。

 ほとんどのブンデスリーガのクラブにおいて、セカンドチームからトップに昇格する選手は限られている。ドルトムントではヨナス・ホフマンやエリック・ドゥルムが上がってきたが、そういう成功例は稀だ。実力がある選手はU-19を経てすぐにトップチームに加わることが多く、そこでチャンスがなければレンタルで外に出て実戦経験を積む。

 今季のドイツ3部には3つのセカンドチームが参加しており、20節時点ではマインツⅡが7位と健闘しているものの、ブレーメンⅡが17位、シュツットガルトⅡが19位と低迷している。はっきり言えば、大人のチームと試合をしても相手にならないのだ。昨季はドルトムントⅡが4部に降格した。

 あまりにも実力差があり、3部の魅力を損なっているという批判がある。こうしたドイツの実情を見ると、Jリーグでセカンドチームを作っても育成の根本的な問題解決になるとは考えづらい。

 また、設立したチームをいきなりJ3に参加させるのは不公平な部分がある。JFLのあるクラブ関係者は「真剣にJ3を目指しているクラブに対して失礼だ」と憤っていた。

 FC今治が地域リーグから這い上がろうともがいているように、セカンドチームを作るならJ3よりも下のカテゴリーから参加させるべきだ。今回の決定は、J3の価値をも損なう愚策である。

文:木崎伸也(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ