• トップ
  • ニュース一覧
  • ドイツで早くも二桁越え! ボルシアMG福田師王の現在地。勝ち取った仲間からの信頼「フクダにボールを集めろ!」

ドイツで早くも二桁越え! ボルシアMG福田師王の現在地。勝ち取った仲間からの信頼「フクダにボールを集めろ!」

カテゴリ:海外日本人

松尾祐希

2023年05月02日

当初はCKのキッカーを担当

 ただ、動き出しは認められてはいたものの、もう1つの武器である空中戦では苦労したという。

「正式にクラブに合流してから、最初の頃はコーナーキッカーでした。今まで蹴った経験がないから、初めて蹴った時に滑ってこけましたから」

 獲得する時点でクラブの関係者などが映像をチェックし、ヘディングの強さはある程度認識していた。だが、その時点での評価は“あくまで日本の高校レベル”というもの。178センチの高さだけではヨーロッパのレベルでは競り勝てないと見られ、合流した当初は違うタスクを与えられていたのだ。

 そこから福田は評価を覆すべく、練習から猛烈にアピール。監督から「あいつのヘディング、凄いぞ。そんなに大きくないからヘディングで勝負できるとは思っていなかった。ジャンプ力と滞空時間が凄まじい」と目を丸くされた。
 
「ジャンプ力を認められて、GKの下でこぼれ球を拾う役割になり、今ではターゲット役になった」(福田)。先日のゲームでは2メートルある相手DFにも競り勝つなど、高校時代と同様に圧倒的な強さを示したのは際たる例だろう。

 空中戦でも地上戦でも信頼を獲得。U-19のカテゴリーでは「フクダにボールを集めろ!」と言われるまでになり、その期待に結果で応えてきた。次シーズンはU-23カテゴリーで、自らの足で立場を作り上げる作業が必要になるが、今回の体験談が次に生きてくる。

 楔のパスを収めるプレーなど、トップチームで活躍するためには課題も多いが、神村学園で培った動き出しの良さや空中戦の強さはヨーロッパでも十分に通用している。今度は上のカテゴリーでそれを発揮できるか。福田の戦いはまだ始まったばかり。本物のストライカーへ成長を遂げるべく、異国の地で挑戦を続けていく。

取材・文●松尾祐希(サッカーライター)

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
「元気です」得点量産中のボルシアMG福田師王、変貌した金髪姿に反響「かっこよくなってる!」
ボルシアMG加入の18歳・福田師王、U-19で8ゴールの衝撃デビュー!独メディアも注目する活躍を指揮官も賞賛!「両足でフィニッシュする能力がある」
「ジッパーを閉めてと言われたの」抜群のプロポーションを覆い隠せなかったチェルシーファンの主張「私は目一杯に…」
「安心してください。みんな元気です」吉田麻也が欧州組の豪華4ショット公開!「とにかく面白い岡崎」
「敵幹部の2番目に強いやつみたい」三笘薫、ロッカールームで貫録たっぷりな姿が話題!「マジで中心選手がやるポーズ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ