現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「苦闘する武藤。危機的状況のチームの中で」

カテゴリ:連載・コラム

ラインハルト・レーベルク

2015年10月27日

武藤が本来プレーすべきは左サイドだが…。

本職ではないCFでのプレーが続く。現状、マインツには武藤以上のCFが存在しないのも事実だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今のマインツは、CFの武藤だけでなく、ウインガーにも効果的なプレーが見られない。主力である右サイドのクリスティアン・クレメンス(ここまで3アシスト)が負傷中で、左サイドのオプションとして期待されたマキシミリアン・バイスターも怪我が完治せず個別メニューをこなしている段階だ。

 しかもハイロ・サンペリオは調子が上がらず、パブロ・デ・ブラシスはスタミナこそあるが1対1の局面を打開する突破力と効率性を備えていない。現状を打破するためには、武藤を本職の左ウイングで起用するのが最適だろう。
 
 しかし、そうなると誰がCFを務めるのか? フロリアン・ニーダーレヒナーはペナルティーエリア内で強さを発揮するが、昨シーズンまで下部リーグでのプレー経験しかなく、トップリーグで技術的、戦術的に信頼できる選手になるまでにはまだ時間がかかる。
 
 またジョン・コルドバは負傷の影響もあって本調子でない。このコロンビア出身の新戦力は、練習では高い身体能力を活かしてまずまずのプレーを見せているが、まだブンデスリーガの水に慣れていないようだ。
 
 おそらくシュミット監督は、2部でいまだ未勝利の1860ミュンヘンと対戦する27日のDFBカップでは、ニーダーレヒナーを1トップに置くだろう。しかし31日のアウクスブルク戦(ブンデスリーガ11節)では、再び武藤をCFとしてプレーさせるに違いない。
 
 はたして、マインツは今の苦境から抜け出せるのか。ひとつ光明なのは、シャルケからオファーを受けたクリスティアン・ハイデルSDが、これを断りマインツに残るかもしれないという情報だ。クラブの頭脳とも言える敏腕SDの残留が決まれば、騒々しかったクラブの周囲が落ち着き、選手たちにも好影響を与えるかもしれない。

文:ラインハルト・レーベルク
翻訳:円賀貴子

【著者プロフィール】
Reinhard REHBERG(ラインハルト・レーベルク)/『ライン新聞』で1987年から27年にわたってマインツの番記者を務める。現在はフリーで、「マインツァー・アルゲマイネ新聞」のコラムニストを務める一方、監督業を志す指導者に向けたコーチングも行なっている。マインツ出身、57年7月30日生まれ。
【関連記事】
武藤7試合ぶりのゴールも、マインツは“魔の9分間”で連敗――マインツ 1-3 ブレーメン
現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「どうなるマインツ!? クラブ最大の功労者は来夏シャルケへ…」
現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「覚醒した“ベストパートナー”マッリとの良き関係性」
現地紙コラムニストが綴る【武藤嘉紀のブンデス挑戦記】躍進を支えるモチベーションとインテリジェンス
現地識者が見たマインツ武藤の開幕戦 それでもあった「2つのアピールポイント」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ