「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月28日

エクアドルDF陣は明らかに鎌田への対応に苦慮していた

この日は途中出場で違いを見せつけた鎌田(左)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

交代出場
FW
26 上田綺世 6 (HT IN)
後半頭から登場するや、上手くボールを引き出して前線でタメを作った。決定的なヘディングを決め切れなかったのは悔やまれるが、終始活力漲るプレーを貫き、ポジティブなイメージを与えた。

MF
27 相馬勇紀 6 (66分IN)
ピッチに投入されるやすぐさま相手DFを手玉に取ってクロスボールを送り、見せ場を作った。左サイドで精力的にアピール。

MF
15 鎌田大地 6 (66分IN)
冷静なパス出しと鋭いドリブルで違いを見せつけ、ファイナルサードで脅威となった。エクアドルDF陣は明らかに対応に苦慮していた。

MF
6 遠藤 航 5.5 (66分IN)
プレッシャーに晒されても普段通りのクールなキープとパスを披露。だが、柴崎に代わってピッチに投入されるなか、流れを変えるほどの影響をもたらすこともなかった。
 

DF
22 吉田麻也 ―(83分IN)
この日のキャプテンは終盤になって登場。最後の局面で、エクアドルの強力アタッカー陣に高さと強さで対峙した。

MF
14 伊東純也 ―(83分IN)
ゲーム最終盤のチームにエネルギーを注入するも、出場時間が短く、決定的な仕事をするには至らなかった。

※MAN OF THE MATCH=記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

採点・文●スティーブン・トムソン

[プロフィール]
スティーブン・トムソン/1993年生まれ、オーストラリア・アデレード出身。アデレード大学を卒業後に来日し、上智大学で日本語を学ぶ。日本のスポーツと文化に精通し、今春からサッカーダイジェスト海外編集部員に。好きなサッカークラブはアデレード・ユナイテッド、リバプール、そしてガンバ大阪。

【PHOTO】ブラジル、フランス、イングランドも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】デュッセルドルフ・アレーナに駆け付けた日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
日本代表の“スタメン総入れ替え”に韓国メディアからも驚きの声!「それでもエクアドルと引き分けた」
【セルジオ越後】スタメン総入れ替え? 意味が分からないね。三笘は起用法より実力そのものが疑問だ
「二度と招集するな、恥だ」日本戦でPK失敗の“エクアドルの英雄”にまさかの批判殺到!「もう我慢の限界だ」
【日本0-0エクアドル|採点&寸評】スタメン総入れ替えの選択は消化不良の結果に。限られた好シーンはシュミットのPKセーブ!!
「日本は想像もできないほど贅沢」“先発総入れ替え”で南野、堂安、三笘ら出場の森保Jに中国メディアが驚嘆!「層の厚さを誇示。羨ましい…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ