• トップ
  • ニュース一覧
  • 真っ先に声をかけてくれた宮市亮。尊敬する先輩の励ましで奮起した関東学院大FW村上悠緋の野心「得点王を取れるように」

真っ先に声をかけてくれた宮市亮。尊敬する先輩の励ましで奮起した関東学院大FW村上悠緋の野心「得点王を取れるように」

カテゴリ:大学

安藤隆人

2022年08月31日

前期の遅れを取り戻すべく、後期は得点量産を期す

負傷から復帰し、徐々にトップフォームを取り戻しつつある。残り半年の大学生活で悔いのないプレーを見せたい。写真:安藤隆人

画像を見る

 尊敬する先輩のメッセージとアドバイスを胸に刻んでリハビリに励んだ結果、村上は復帰すると8月10日のルヴァンカップ準々決勝第2戦のサンフレッチェ広島戦でプロデビューを飾る。大学サッカー部にも復帰し、徐々にトップフォームを取り戻しつつある。

「ルヴァンでは憧れのプロのピッチでプレーでき、マリノスサポーターの熱さも感じられた。あとはやっぱりゴールに向かう姿勢をもっと出していかないといけないので、どんどん自分を出していきたいです」

 村上にとって、とりわけ宮市の存在は大きい。怪我をした際に励ましてくれた先輩は、日本代表として出場した7月下旬のE-1選手権で右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負った。

「本当に辛いというか、悔しいというか……。宮市さんには『長いリハビリになると思いますが、頑張ってください。僕自身、宮市さんに支えてもらった身なので、今度は僕ができることはします』と伝えました」

 プロの世界の過酷さ、そして深い絆も学んだ村上は、より鋭い眼差しでこれからを語ってくれた。
 
「マリノスは攻撃的なサッカーで、テンポとスピード感がすごくて、強度も高いですし、そういうスピーディなサッカーでゴールを奪っていくスタイル。これが僕にとってすごく魅力的に映ったし、自分がより成長していくには一番の環境だと思いました。

 1トップ、ウィングと求められるポジションで自分の得意なゴール前に入っていく力と、ワンタッチゴールを見せていきたいし、関東学院大では前期は1試合しか出ていないからこそ、後期で得点王を取れるように力を発揮していきたいです」

 力強く、そしてしなやかに。村上は様々な思いを胸に、ストライカーとしての矜持を持って残り半年の大学生活を送る。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】2022年の高校サッカー界を彩る注目選手を写真でチェック!~関東編
 
【関連記事】
「史上最もユニークなデザインだ」韓国メディア、W杯対戦国の斬新ユニホームに驚き!「過去になかった」
「すごく良い国だけど…」ポステコグルー監督が日本での苦労を明かす。息子たちのお気に入りは「キョウゴ。ダイゼンも好きだ」
「最高の2枚になる」「好き、好き、好き」日本代表の新ユニホームを英メディアが絶賛! 特に評価されたのはアウェーシャツの…
「これ言っていいのかな…」。俺だけが知る“中田英寿伝説”【元チームメイトが告白】
トルシエの元右腕、フランスで明暗分かれた日本代表2人に言及!「当たり負け、目立たなかった」「松井大輔を超えられるか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ