「チャンスの作り方が、あまり上手くない」。エース本田が語った根深き課題とは?

カテゴリ:日本代表

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年09月04日

「『行けそうやから行く』っていうマインドだと、まず引っかかる」(本田)

立ち上がりから高速クロスで何度も好機を演出した右SBの酒井宏。ただ、“直球”だけで勝負する工夫のなさは、本田の言う「一点張り」になりがちな部分であり、「ヒネリ」がほしいところだ。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「チャンスの作り方が、あまり上手くないと思うんですよね。決定的にフリーの場面は、前半の(香川)真司くらいかな。もっとああいう形を作れたはずなので、崩しのところがね。もっと相手を左右に揺さぶって、最終的に完全に崩すのも我慢すればやれないチームではないと思っているので。
 
 でも、それは普段やっているサッカーと違う考え方で挑まないとできないんですよ。サッカーをやっている人にしか分からないと思うんですけど、まったく違うマインドなので。『行けそうやから行く』っていうマインドだと、まず引っかかる。それで実際に引っかかったのが、シンガポール戦でしたからね」
 
 このカンボジア戦前まで4戦勝ちなしだったとはいえ、日本は依然としてアジアレベルでは強豪だ。当然、相手は守備を固めてくる。そこに「ヨーロッパでプレーしている選手たちの所属チームは、そんなに攻め込めるチームではない」というメンバーが集まっても、相手を圧倒する立場に上手く適応できないのは理解できなくはない。
 
「結局、点が取りたいというオーラが出た時の日本代表は、特にこういった相手には、(クロスを)上げられる時には上げるとか、行けそうな時に行くっていうのが、一点張りになりつつある。要はいろんなことをやるっていうのが足りないところ。今日は何人かの選手を含めて、その辺の“ヒネリ”やタメや駆け引きはできていたけど、それでも物足りないですね」
 
 カンボジアのような格下が相手でも、一本調子で変化をつけられない。つまり、日本代表が常に得点力不足に悩まされてきたのは、単純にフィニッシュの精度の問題だけではないということだ。サイドチェンジのパス、SBのオーバーラップのタイミング、ボランチの3列目からの飛び出し――。そうしたすべての要素が少しずつ足りないことが積み重なって、ゴール前の精度不足につながっているのだろう。
 
「ヒネリやタメや駆け引き」のレベルアップは、一朝一夕でできるものではない。「なにもかも上手くいくわけがないのは分かっているけど、やっぱり理想は追求していかなきゃいけない」というエースの苦悩は、今後も続きそうだ。
 
取材・文:五十嵐創(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない
【藤田俊哉の目】最大の問題は決定力不足ではなく、海外組を脅かす存在がいないこと
金田喜稔がカンボジア戦を分析|オーソドックスすぎた日本の攻撃は、格下でも守れるレベルだった
【サッカーダイジェストの視点】例えば香川外しは現実的な選択肢か
【日本 対 カンボジア】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
本職のトップ下で輝けなかった香川真司。背番号10のジレンマは続く
吉田麻也の鮮やかなミドル弾を巡る問題提起――CBのシュートが「お手本」となる状態は健全か?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ