【韓国メディアの視点】高評価のカレンと“ソウルの救世主”と期待される高萩――。日本人Kリーガーの評価は?

カテゴリ:Jリーグ

慎武宏

2015年07月15日

「右サイドは“ボビー”の独断場と言えるくらい存在感を発揮している」(リュ・チョン記者)。

アジア枠でFCソウルに加入した高萩には“救世主”としての期待も高まる。後半戦で巻き返しを図るチームに変化を加えられるか。写真:Getty Images

画像を見る

  韓国では“ボビー”の登録名で背番号10を背負うカレン・ロバートは、20節終了時点で16試合・1得点・2アシストと特筆すべき成績を収めているわけではない。しかし「右サイドはボビーの独断場と言えるくらい存在感を発揮している」(ホン・ジェミン記者)という。サッカー専門サイト『FOOTBALLIST』のリュ・チョン記者もこれに同調する。
 
「得点こそ少ないが決定機にはいつも絡んでいて、2部では群を抜いて技術が高い。全盛期こそ過ぎたものの、元日本代表経験者(U-20、五輪代表)の肩書きはダテじゃない」
 
 こう語ったリュ・チョン記者が今、秘かに期待しているのは6月にFCソウルに加入した高萩洋次郎だという。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズを退団後、アジア枠選手としてFCソウルに加入した高萩は、“ソウルの救世主”との期待が高まっているという。
 
「ソウルは2年前の主将だったハ・デソンが中国リーグに移籍した後、ゲームメーカーの不在に苦しんできた。今季はアーセナルなどでプレーしたパク・チュヨンが復帰し、前線が強化されたにもかかわらず得点が少なく、ACLはもちろん、ライバルの水原とのダービーマッチでも得点力不足を露呈し、前半戦を終えて6位に止まった」
 
「前線に効果的なパスを出せる選手が必要だったなか、チェ・ヨンス監督はACLでウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦した時から高萩を評価し、獲得を望んでいたらしい。(同監督にとって)まさに喉から手が出るほど欲しかった存在だった」
 
 過去にも前園真聖(2003年)、エクスデロ・セルヒオ(2012~15年)が所属するなど日本人選手と縁があるFCソウルにとって、高荻は巻き返しへのキーマンとして注目されているわけだ。
 
 7月17日のKリーグ・オールスターを含めた2週間の中断期を経て、25日から再開されるKリーグ。後半戦は日本人選手の活躍を大いに期待したい。
 
文:慎 武宏(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ