【韓国メディアの視点】Kリーグに新風を吹き込む前鳥栖監督のユン・ジョンファン

カテゴリ:Jリーグ

慎武宏

2015年03月24日

蔚山現代を率いて持ち前のハードワークと堅守速攻スタイルで躍進中。

今季から蔚山現代で指揮を執るユン・ジョンファン監督。鳥栖時代と同様、ハードワークをベースにした堅守速攻スタイルは健在だ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「帰って来た“クェットリ(知恵蔵)“、トクスリ(鷲)に続きファンセ(コウノトリ)も打ち落とす!!」
 
 どこかの昔話に出てきそうなフレーズだが、韓国のサッカーメディアを飾った見出しだ。トクスリとはFCソウルを率いるチェ・ヨンス監督、ファンセとは浦項スティーラーズを率いるファン・ソンホン監督の愛称。そして、クェットリとは前鳥栖監督で今季から蔚山現代の監督として6年ぶりにKリーグに帰って来たユン・ジョンファン監督の現役時代のニックネームである。
 
 生粋のストライカーだったふたり(チェ・ヨンス、ファン・ソンホン)は、ゴールを「奪う」「運ぶ」という意味も込めて鳥に例えられたが、小柄で童顔なテクニシャンだったユン・ジョンファン監督は「知恵深く愛嬌がある小僧」という意味を持つ「クェットリ」と呼ばれてきた。
 
 そのクェットリがKリーグ開幕から快進撃を続けている。3月8日に開幕したKリーグで蔚山現代は、FCソウルとの開幕戦を2-0、続く浦項戦では4-2の勝利を飾って2連勝。3月21日の全南ドラゴンズ戦は0-0で引き分けたものの、勝点7でリーグ戦首位に立っている。
 
 ユン・ジョンファン監督のKリーグ復帰は、韓国でも関心を集めた。なにしろ蔚山現代の監督職は代々、名門・高麗大学出身者や大韓サッカー協会(KFA)で要職を務めてきたクラブOBが任されるポジション。元韓国代表とはいえ、東亜大学出身でクラブOBでもないユン・ジョンファン監督の登用は異例だった。
 
 しかも、Jリーグの鳥栖を率いて、昨季は一時首位にまで押し上げた監督だ。Jリーグで指導者生活をスタートさせ、確かな経験と実績を積んだ監督がKリーグでどんなサッカーを見せるか――。
 
「異例人事」と「Jリーグ帰り」というキーワードが重なって、期待と注目度は高かったが、FCソウルや浦項といった優勝候補を連破したこともあってメディアの評価も俄然高まってきた。
 
 鳥栖時代もハードワークを前提とした堅守速攻で結果を出してきたユン・ジョンファン監督だが、蔚山現代でもそのスタイルは健在。蔚山現代は近年、前線へのロングパスを多用するカウンタースタイルが鉄槌のように破壊力があるということから“チョルテ(鉄槌)サッカー”と呼ばれてきたが、「鉄槌サッカー、ユン・ジョンファン式でグレードアップ」と見出しを打つ記事も多い。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ