「一流の選手だと証明した」今季初ゴールの鎌田大地をフランクフルト地元紙も絶賛!「この日本人選手は瞬発力があり、冷静」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月22日

先制点を呼び込むパス、ダメ押しの3点目を自らゲットし躍動

自身今季初ゴールに喜びを爆発させた鎌田。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月21日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節が欧州各地で行なわれ、長谷部誠と鎌田大地が所属するドイツのフランクフルトは、ホームにギリシャのオリンピアコスを迎え、3-1で勝利を収めた。

 この試合にトップ下で先発し、力強く攻撃をけん引したのが鎌田だ。長短のパスを操り、2トップのラファエル・ボレとゴンサロ・パシエンシアとの連携で、敵DFラインに揺さぶりをかけ続けた。

 先制点となったPKを呼び込むスルーパスをボレに送れば、59分には今シーズン初ゴールを記録。パシエンシアが放ったシュートのこぼれ球に誰よりも早く反応し、GKをかわして冷静に左足で流し込んだ。勝利を決定づけたこの3点目は、鎌田にとってEL通算7得点目となった。

【動画】アーセナル相手の衝撃2ゴールも! 鎌田がこれまでにELで決めた全6ゴールをチェック!
 現地紙『Frankfurter Rundschau』は、この働きぶりに4段階評価で最も高い「良くやった」を付与。寸評では「一流のフットボーラーであることは皆さんがご存じの通り。彼はそれをまたしても証明してみせた。ボールの受け方は、チームの誰よりも優れ、ほかに類を見ない。加えて、3点目を叩き込んだ際のしなやかさよ」と絶賛されている。ちなみに、パシエンシア、ボレ、MFフィリップ・コスティッチ、そして長谷部誠も同様に高い評価となった。

 加えて、「見るに堪えなかったヘルタ・ベルリン戦(●1-2)との違いは明らかだった。チームが探している答が暗示された」と先発メンバー5人を入れ替えた効果に言及。今季初スタメンだったパシエンシア、久しぶりに先発した鎌田の投入効果を高く評価している。

 同じく現地紙『BILD』は「パシエンシアの放ったシュートはGKに防がれ、完璧に鎌田の足下に落ちた。この日本人選手は瞬発力があり、キーパーをかわして簡単に流し込んだ」とシュート時の冷静さを称賛した。

 フランクフルトはこれでようやく今シーズン公式戦3勝目を手にした。中2日でリーグ第9節ボーフム戦が控えているが、8試合を終えて1勝にとどまり、14位に沈んでいるブンデスリーガでも調子が上向くか。待望の今季初ゴールをマークした鎌田の活躍に、期待が高まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ブンデスリーガの21-22シーズン、新キットに注目! 長谷部誠、鎌田大地、遠藤航らサムライ戦士がドイツで躍動
【関連記事】
「マコトの凄さは知っていたが…」先発復帰した長谷部誠を、フランクフルト監督が改めて称賛! ファンからは"起用継続"を望む声
「どうやって出会うんですかね?」内田篤人が後輩選手の結婚報告に驚き!「綺麗でしたよ、とっても」
「フィジカルと速さに馴染めていない」英メディアが南野拓実を“プレミアから離れるべき5選手”に選出「イングランドを出れば復活する」
「わからん? わかるでしょ」本田圭佑が長谷部誠との“口論”を回顧! 「価値観が合わないのは…」
「信じられないほど機敏」冨安健洋の守備力を英国メディアが称賛!「彼が後ろにいるとアーセナルの右サイドは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ