「どちらかの選択肢しかなかった」本田圭佑が超名門クラブからオファーを受けた過去を告白! なぜ移籍は実現しなかった?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月21日

「VVVからCSKAモスクワに移籍した際に…」

VVV時代にオランダの強豪からオファーがあった過去を明かした本田。(C)Getty Images

画像を見る

 2004年に名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた本田圭佑は、08年1月にオランダのVVVへ移籍。そこからCSKAモスクワ(ロシア)、ミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)、ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)、そして現在のスードゥバ(リトアニア)と、日本を含めて9か国でプレーしてきた。

 その稀有なキャリアの中で、超名門クラブと契約する可能性があったようだ。自身のYouTubeチャンネルで明かしている。

 フォロワーから「VVVからCSKAモスクワに移籍した際に、オランダ1部でそのままプレーを続けて、セリエAやプレミアリーグに移籍する選択肢はありましたか」と質問を受けた本田は、「なかったですね」と返答。次のように語っている。

【動画】胸トラップから正確な右足ショット!現地メディアも絶賛した本田圭佑のリトアニア初ゴール!
「当時、PSVが欲しがってくれてたんですけど、CSKAの半分くらいしか移籍金が出なかった。PSVかCSKAか、どちらかの選択肢しかなかったですね。CSKAに行った後は、もしかしたらプレミアとかの選択肢があったかもしれないですけど」

 オランダの強豪PSVからオファーがあったことを明かした本田。ただ、移籍金に開きがあり、CSKAが争奪戦を制す結果となったようだ。

 現在は堂安律がプレーしているこの名門に籍を移していたら、このレフティはどんなキャリアを送っていたのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
「史上最強のモテ男!」「セレブ美女がずらり」C・ロナウドの華麗なる“歴代恋人リスト”を英紙が公開!
「あれだけ才能のある選手だから」本田圭佑が日本代表から2年半遠ざかるストライカーの“再招集の可能性”に言及!「来年のW杯に…」
「日本では味わえないフィジカルだった」本田圭佑が16年前になぎ倒されたオランダの“消えた逸材”との対戦を回想!「性格に難があったみたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ