【浦和】G大阪戦で露呈した決定力不足…それでも悲観すべきではない理由

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年10月17日

感覚を掴めば、ゴールは次から次に生まれるもの

左サイドから再三、好クロスを供給した山中。チャンスは作れていた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズは10月16日、J1第32節でガンバ大阪と対戦。1-1の引き分けで試合を終えた。

 2分の江坂任のシュートをはじめ、前半から何度もビッグチャンスを作っていったが、結局奪ったのは90+1分のPKでの1点のみ。

 待望のゴールを奪った約3分後には、逆にPKを与えてしまい、痛恨の同点ゴールを献上。そのまま試合は終了し、勝利を逃した。

「スルッと勝点2をこぼしてしまった」

 リカルド・ロドリゲス監督は試合後、そう試合を振り返った。

 露呈したのは、明らかな決定力不足だった。

 6分、8分、12分、14分、そして26分と左SBの山中亮輔を起点としてゴールに迫りながらもシュートは枠外に。45分には江坂が、60分には汰木康也がGKと1対1の局面を迎えるも、東口順昭に阻止され、決定機をモノにできなかった。
 
 CFとして起用した明本が30分過ぎに相手との接触で負傷し、途中交代。さらにチーム随一の決定力を誇るキャスパー・ユンカーが、この日は内転筋に違和感を抱え、メンバー外だったのも痛かっただろう。

 さらに終盤にスーパーセーブを連発した東口を褒めるべきである。

今季の目標でもあるACL出場権獲得に向けて、勝利を逃したショックは小さくない。ただし、それほど悲観することはないだろう。

 前後半10本ずつの計20本のシュートを放ったのは、それだけ相手を崩した証拠でもある。

 もちろんシュートテクニックは一朝一夕に劇的に良くなるものではないが、一方で、良い感覚を掴めば、ゴールは次から次に生まれるものでもある。一度蓋を開けると止まらないケチャップに例えられることもある。

 この日、何度も自慢の左足でハイレベルなクロスを供給した山中亮輔は言う。

「チャンスにはなっていますし、本当に点が入っていてもおかしくないようなシーンがたくさんあった。その辺は難しいところですけど、こういうのが決まり出したらもっと上に上がっていくんじゃないかなと思います」

 あとはトレーニングを積み、ディテールを擦り合わせる作業を続けることが肝要だ。細かな共通意識が合ってくれば自然とゴールは生まれる。ナイーブになればなるほど、焦りが生まれ、悪循環に陥るかもしれない。G大阪戦の結果は「こんな日もある」と良い意味で楽観的に捉えてもいいだろう。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第32節PHOTO】浦和1-1G大阪|PKで浦和が先制に成功も…直後にPKでG大阪も得点しドロー決着!
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和1-1G大阪|この日の主役はPKを決めた江坂でもパトリックでもなく…
【セルジオ越後】森保監督のクビは繋がったかもしれないが…点が取れないFWはまだ使われることになるの?
「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
「軽視されている」本田圭佑がサッカー界の“悪しき慣習”に苦言!「野球やアメフトに比べてレベルが低い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ