「日本人はゴールしたのに…」STVVの“韓国のメッシ”が開幕から10試合出番なし!まさかの不遇に母国メディアは嘆き

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月05日

ベンチ入りもままならない状況が続いている

鈴木(右)らの陰に隠れ、今季は一度もピッチに立っていないイ・スンウ(左)。(C) Getty Images

画像を見る

 日本人選手7人が所属するベルギーのシント=トロイデン(STVV)で、燻っているかつての“逸材”がいる。韓国代表のMFイ・スンウだ。

 現在23歳のレフティは、バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ち、“韓国のメッシ”と持て囃されるなど、将来を嘱望された。だが、バルサを退団して以降は、ヴェローナでもSTVVでも結果を残せず、今年1月にはポルトガルのポルティモネンセにレンタル。だが、ここでも出場機会を勝ち取ることはできなかった。

 ベルギーへ戻ってきた今シーズンも、ここまで開幕10試合でなんと出番はゼロ。移籍を希望していた鈴木優磨が残留したうえ、そのエースの退団を見越して林大地と原大智を獲得したこともあり、アタッカー陣の競争は熾烈で、ベンチ入りもままならない状況が続いているのだ。
 
 こうした境遇を母国メディアも嘆いている。10月3日、韓国の『OSEN』は「日本人選手はゴール入れたが…イ・スンウは開幕後10試合連続欠場」と題した記事を掲載。次のように綴った。

「今回の試合(第10節のオーステンデ戦。1‐1のドロー)でも、メンバーからから除外されたイ・スンウは、開幕から10試合連続でピッチに立たなかった。最後にベンチ入りをしたのは、8月22日のコルトレイク戦(第5節)だ」

 そして、対照的な日本人選手の活躍も伝えている。

「シント=トロイデンは鈴木と原の日本人2トップを採用し、原は後半7分に先制ゴールを決めた。橋岡大樹とシュミット・ダニエルも合わせ、日本人は4人が先発した」
【動画】鈴木優磨のシュートから…原大智が決めたベルギー初ゴール

 すっかり存在感が希薄になった“コリアン・メッシ”は、冬に再びSTVVを離れることになるかもしれない。

 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】リーグ4位の17発! 鈴木優磨の昨季の圧巻ゴール集はこちら
【関連記事】
「代表に復帰できると思う」本田圭佑が“元日本の10番”の復活に太鼓判!「ドリブルの質はトップクラス」
「ホンダさん、俺は悲しいよ」内田篤人の“苦言”に本田圭佑が謝罪「アツトには申し訳なかった」
驚異の平均採点「7.79点」はリーグトップ! ベルギーで躍動中の日本人選手は? 伊東純也ではなく…
「アンチェロッティが彼に気付いた」マドリーの17歳・中井卓大のトップ練習招集に現地メディアも注目!「卓越したテクニックを備えた真珠」
「興味深い選手だ」三笘薫の鮮やかなアシストに、保有元ブライトンの番記者が反応!「来年が楽しみ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ