「トミヤスには恐怖の時間」冨安健洋、元久保同僚のスペイン五輪代表DFに圧倒される…アーセナルのレジェンドもまさかの“完敗”に注目

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月03日

東京五輪の日本戦にも出場

マッチアップしたククレジャ(右)との1対1で苦戦を強いられた冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月2日に開催されたプレミアリーグ第7節で、冨安健洋が合流以来リーグ戦3連勝のアーセナルは、ブライトンと敵地で対戦。スコアレスドローに終わった。

 4戦連続で右SBとして先発した冨安は、これまでのようにポジティブなパフォーマンスを見せられず。とりわけ対峙した敵の左ウイングバック、スペイン代表DFのマルク・ククレジャとのマッチアップで後手に回るシーンが少なくなかった。

【動画】「みんなを驚かせた」と英紙が注目した冨安の衝撃プレー
 昨シーズンはヘタフェで久保建英と共闘し、東京五輪ではスペイン代表の一員として、日本を打ち破った準決勝(冨安は出場停止)にも先発出場したククレジャが、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたという事実が、冨安の苦戦を物語っている。

 英紙『METRO』によれば、『Sky Sports』で解説を務めたアーセナルのレンジェンドである元イングランド代表FWのアラン・スミスもこの両者の1対1に注目。次のように語っている。

「ククレジャは、左サイドで脅威を与え続けた。とくに前半は、トミヤスにとって恐怖の時間だった」

 プレミアデビュー以来、順風満帆だった冨安だが、4試合目にして初めて苦汁を飲まされる結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
冨安健洋がプレミア4試合目で大苦戦…らしくないプレー続き、現地メディアは辛口評価「この一戦は早急に忘れたい」
冨安健洋を“拾った”アーセナル、ブラジル代表DFを選んだトッテナムの明暗に現地注目! 「スパーズが勝ったと思われたが…」
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「トミヤスらは保証となっていた」冨安健洋を失ったボローニャ、3戦12失点と守備崩壊にサポーターは激怒!「恥を知れ」
「マコトの凄さは知っていたが…」先発復帰した長谷部誠を、フランクフルト監督が改めて称賛! ファンからは"起用継続"を望む声

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ