「トミヤスらは保証となっていた」冨安健洋を失ったボローニャ、3戦12失点と守備崩壊にサポーターは激怒!「恥を知れ」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年09月30日

冨安が新天地で評価を高める一方で、古巣は苦境に…

冨安の放出を憂いていたミハイロビッチ監督(左)。懸念は現実となってしまったようだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 移籍市場最終日にアーセナルに移籍して以降、冨安健洋はプレミアリーグという大舞台で堅実なパフォーマンスを続け、着実に評価を高めている。

 一方で、冨安を売却したボローニャは苦戦中だ。まだ冨安が在籍していたシーズン最初の公式戦で格下テルナーナに4-5と屈し、コッパ・イタリアで初戦敗退。その後、セリエA開幕から3試合は計2失点の2勝1分けと立て直したが、以降の3試合で守備が崩壊している。

 現地時間9月18日のインテル戦で1-6と大敗したボローニャは、続くジェノア戦でも2度のリードを守り切れずにドロー。さらに前節は、開始早々の失点などで昇格組エンポリに2-4と敗れた。3試合で12失点したボローニャの守備は、計14失点でリーグワースト2位タイだ。

 もちろん、冨安の退団だけが影響しているのではないだろう。ただ、日本代表DFをはじめとした守備陣の変更が疑問視されているのも確かだ。
 
 専門サイト『tuttobolognaweb』では、ジョンニ・フォルレンツァ記者が「過失がなかったわけではないが、トミヤス、ダニーロ、アダマ・スマオロは一定の保証となっていた」と、冨安らを擁した昨季までのほうが安定していたとの見解を示した。

 いずれにしても、サポーターの我慢も限界に近づきつつある。『Gazzetta dello Sport』紙によると、あるファンは練習場に「ジョーイ・サプート(オーナー)を除く全員、恥を知れ」とのバナーを掲げた。
【写真】ボローニャサポーターの不満が爆発! 練習場に掲げられた怒りのバナー

 技術部門の幹部だったワルテル・サバティーニの退団も正式発表となり、シニシャ・ミハイロビッチ監督率いるチームは合宿を実施。ボローニャは緊張に包まれている。

 10月3日の次節は、強豪ラツィオと対戦。冨安のデビュー以降、プレミアリーグで3試合連続無失点、4試合で1失点の4連勝と好調に転じたアーセナルと対照的に苦しむボローニャは、流れを変えることができるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「キョウゴは日本代表に選ばれた」ポステコグルー監督の発言に現地騒然! 古橋亨梧は招集外のはずだが…「混乱が生じている」
「胸熱すぎる」冨安健洋とアーセナル守護神がピンチを防ぐ好守→2人の熱いやり取りが大反響!「このシーン何度も見てしまう」
「初めて見たが、感銘を受けた」冨安健洋の守備に辛口のネビルも感嘆! レジェンド右SBが称賛したプレーは?
「言いたくないけど、トミヤスは見事」補強候補だった冨安健洋の活躍にトッテナムファンが憤慨!「代わりにエメルソンを獲得するなんて詐欺」
代表戦視聴率が低下…サッカー人気低迷の原因は? 日本と共通の問題を抱える“選手輸出国”ベルギーに改善のヒントが

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ