冨安健洋がプレミア4試合目で大苦戦…らしくないプレー続き、現地メディアは辛口評価「この一戦は早急に忘れたい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月03日

デビュー以降、初めて突破を許す場面も

冨安(左)はマッチアップしたククレジャ(右)に手を焼いた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月2日に開催されたプレミアリーグ第7節で、10位のアーセナルは6位のブライトンと敵地で対戦し、スコアレスドローに終わった。

 右SBとしてリーグ戦4試合連続で先発した冨安健洋は、ボールロストからショートカウンターを食らうなど、らしくない場面が散見。マッチアップしたマルク・ククレジャにも手を焼き、加入後初めて突破を許す場面もあった。

 こうしたプレーに、一部の現地メディアは厳しい評価をしている。英紙『The Sun』は採点記事で「トミヤスはブライトン戦で大失敗」と見出しを打ち、寸評には「ブライトンはアーセナルの彼のサイドを標的にし、いじめ続けた。この試合は早急に忘れたいものだ」と綴った。
 
 また、英メディア『90min』が「ブライトンの活発なククレジャに踊らされ、アーセナルではこれまでで最も刺激の少ないプレーだった」と伝えれば、専門メディア『Pain in the Arsenal』も「トミヤスにとっては『プレミアリーグへようこそ』という試合ではなかった」と苦戦ぶりをレポートしている。

 デビュー以降、抜群のパフォーマンスを見せてきた冨安だが、4試合目にして初めて下ったネガティブな評価。この経験を次戦に活かしたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「みんなを驚かせた」と英紙が注目した冨安の衝撃プレー

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「トミヤスには恐怖の時間」冨安健洋、元久保同僚のスペイン五輪代表DFに圧倒される…アーセナルのレジェンドもまさかの“完敗”に注目
冨安健洋を“拾った”アーセナル、ブラジル代表DFを選んだトッテナムの明暗に現地注目! 「スパーズが勝ったと思われたが…」
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」
「なぜハーランドではなくミナミノを選んだのか」南野拓実の獲得は“ギャンブル”だったとリバプール地元紙が見解!「一部のファンには謎のままだ」
「マコトの凄さは知っていたが…」先発復帰した長谷部誠を、フランクフルト監督が改めて称賛! ファンからは"起用継続"を望む声

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ