“神奈川ダービー”は横浜に軍配! 得点ランクトップ前田大然の今季17点目で湘南を下し3試合ぶりの白星!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月01日

湘南は決めるべきところで決め切れず…

今季17ゴール目となる前田の1点を守り切り、横浜が3試合ぶりの勝利を収めた。写真:徳原隆元

画像を見る

 10月1日、J1第31節の湘南ベルマーレ対横浜F・マリノスの一戦がレモンガススタジアム平塚で行なわれ、横浜が1-0で勝利を収めた。

 試合は開始2分に湘南が高い位置でボールを奪い、町野修斗がシュートを放つなど、序盤から好機を創出する。

 その後もホームチームがセカンドボールや球際で勝ち切り、ゲームを優位に進める。組織的な守備から攻撃に転じ、33分にはショートカウンターから町野がGKと1対1の状況を迎える。しかし、放ったシュートはGK高丘陽平の好セーブに遭い、得点には至らない。

 横浜も縦に速い攻撃を繰り出すが、相手の堅守に苦戦。なかなかシュートまで行けず、お互いに無得点のまま前半を折り返す。
 
 後半に入ると横浜は、65分にマルコス・ジュニオール、仲川輝人、杉本健勇を一気に投入する。

 するとその直後の66分、仲川が右サイドを突破すると、中へ切り込みゴール前にラストパスを供給。これに飛び込んだ前田が左足で流し込み、貴重な先制点を奪った。得点ランクトップの前田は、ゴール数を17に更新した。

 この1点を最後まで守り抜いた横浜が、アウェーで3試合ぶりの勝利。湘南は決めるべきところで決め切れず、5試合勝利なしとなっている。

 次戦は16日、湘南はアウェーでサガン鳥栖と、横浜はホームで北海道コンサドーレ札幌と32節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】前田大然の今季17ゴール目! 仲川輝人の折り返しを左足で流し込む
 
【関連記事】
【岩本輝雄】最下位の横浜FCが貴重な勝点1。2位マリノスと互角の勝負を演じられたワケ
代表戦視聴率が低下…サッカー人気低迷の原因は? 日本と共通の問題を抱える“選手輸出国”ベルギーに改善のヒントが
「トミヤスは完璧な右SBだった」アーセナルが冨安健洋を獲得した理由に現地サイトが注目!「ファンの多くが知らなかったが…」
「夢が膨らむ補強!」塩谷司の“広島復帰”にファン歓喜!「レジェンドが帰ってきた」
「ゴミのようなチームに勝って優勝気取りか」冨安健洋らを“Bチーム”と酷評したトッテナムOBが辛辣コメント「バカげている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ