“ジダン2世”とも評された元フランス代表ナスリは、なぜ34歳で現役引退を決断したのか?「いくつかオファーを受けたけど…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年09月27日

キャリアを通じてピッチ内外での問題行動が絶えなかった

マンチェスター・Cで二度のプレミア制覇に貢献したナスリがユニホームを脱いだ。(C)Getty Images

画像を見る

 かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどで活躍した元フランス代表MFのサミア・ナスリが、現役引退することを明らかにした。

 現在34歳のナスリは、19年7月からベルギーのアンデルレヒトでプレー。契約が満了した翌年7月以降は無所属の状態が続いていた。

 そんな元フランス代表MFは、フランスメディア『Le Journal du Dmanche』のインタビューでユニホームを脱ぐことを発表し、決断に至った経緯を語っている。

「(マンチェスター・C時代の同僚である)ヴァンサン・コンパニからアンデルレヒトに来るようにと請われて、ベルギーでのプレーを決断した。コーチ業に興味があったから彼の下で学ぼうと思ったんだ。ただ、リーグ戦が新型コロナウイルスの影響で中断してしまい、プラン通りにはいかなかった」

【動画】ナスリのマンC時代のプレー集をチェック!
「その後はどうしてもキャリアを継続したいとは思わなくなった。フランス国内からいくつかのオファーを受けたけど、どんな挑戦にも興味が湧かなかったんだ。フランスに戻ってマルセイユ以外でプレーする自分の姿を想像できなかったしね」

 04年にマルセイユでプロデビューを飾ったナスリは、類稀なボールコントロールとハードワークを厭わないプレースタイルでブレイクすると、08年に同胞のアーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルに移籍。11年にマンチェスター・Cに渡り、二度のプレミアリーグ制覇に貢献している。同クラブで5年間プレーしたあとは、セビージャ、アンタルヤスポル、ウェストハム、アンデルレヒトを渡り歩いた。

 フランス代表としては07年に19歳でデビューし、41試合・5ゴールを記録。二度のEURO(08年、12年)への出場も果たしている。

“ジダン2世”と評された高いポテンシャルを誰もが認めていた一方で、“バッドボーイ”としてキャリアを通じてピッチ内外での問題行動が絶えなかったナスリ。その影響もあって20代後半以降は思うようなキャリアを築くことができなかったことは、多くのサッカーファンにとって心残りだろう。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
出場3試合で「まだ一度も許していない」のは? 冨安健洋の驚愕スタッツに現地注目! トッテナム戦でチームトップだったのはタッチ数と…
「フェイント上手すぎ」三笘薫がセネガル代表DFを翻弄した“キレキレ”ドリブルが反響!「鳥肌が止まらない」
「選手が何回ヘディングしたかは数えていない」トッテナム指揮官が新ルール無視を告白。他クラブでも横行か
「シティでは1時間半前だったがバルサでは…」アグエロが新天地での衝撃の出来事を告白!10番拒否の真相も
「ホンダが正確なシュートでGKを無力化」本田圭佑の初出場初ゴールを現地メディアが絶賛!「日本人が素晴らしいデビュー」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ