パリ五輪世代の欧州組・斉藤光毅が、OGを呼び込んだヘディング弾を公開!「全力アピール」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月21日

ベルギー2部で奮闘中

斉藤はリーグ戦通算2ゴールをマークしており、カップ戦を含めると通算3ゴールを記録している。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現在、ベルギー2部ロンメルに所属する20歳のアタッカー、斉藤光毅が、現地時間9月19日に行なわれたホームでのリーゼ戦に先発出場し、3-1の勝利に貢献している。

 3トップの一角で先発した斉藤は、開始早々1分に行なわれたCKからのクロスをヘディングで合わせてゴールに叩き込む。しかしこのゴールは、相手DFの足に当たってネットインしたと判定され、記録上はオウンゴールとなったようだ。

 試合はその後、59分、74分と追加点をあげ、75分に1点返されたものの、2点のリードを守り切って、ロンメルがリーグ2勝目を手にしている。
 
 斉藤は自身のインスタグラムにゴールシーンの動画をアップし、「勝ちました!」と報告する一方、「オウンゴール……」と悔やみきれない様子。「指差して自分のゴールだと全力アピール」「毛量」というタグを添えているが、アピールは実らなかったようだ。

 ちなみに同僚のコルベイン・トウルズアルソンは「なんてヘディングシュートだ!」とコメントを寄せ、斉藤は「なんてオウンゴールだ!」とリプライ。味方にとっても斉藤の功績であることは認められているようだ。

 斉藤はこれまでリーグ戦で2ゴール、カップ戦で1ゴール、通算3ゴールをマークしている。残念ながら4点目とはならなかったが、先発フル出場でリーグ戦3試合ぶりの白星に貢献した活躍ぶりは、今後に繋がるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】残念ながら記録はオウン…それでも見事なヘディング弾を披露した斉藤のゴールシーンはこちら!
【関連記事】
パリ五輪世代の欧州組・斉藤光毅が待望の移籍後初ゴール! 豪快なダイレクトボレーを突き刺す!
「センスが神」本田圭佑の“ダンディ”なポートレートに反響!「歳を重ねてカッコよくなってる」
「うまっ、うますぎる」「魔法のゴール」オナイウ阿道の“衝撃”4戦連発弾が反響!クラブ公式はフランス代表のレジェンドと比較
「漫画のようだ」ハーランドの“ズラタン級”アクロバティック弾に世界衝撃!「言葉がない」
「まさにアーセナルが必要としていた選手」冨安健洋への称賛やまず!「想起させる」と比較された名手は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ