【J1ベストイレブン】MVPは3得点の長身ストライカー!そのほか知念、中坂ら4選手を初選出|29節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月20日

絶品パスから追加点を挙げた浦和、岩波と汰木も選出

【J1リーグ29節のベストイレブン】

画像を見る

 Jリーグは9月18日にJ1第29節の全10試合を開催した。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役はハットトリックを達成した広島のFWドウグラス・ヴィエイラだ。

 アウェーの柏戦で先発出場したD・ヴィエイラは、30分に青山敏弘のスルーパスに反応し、冷静にGKを見て左足で流し込むと、後半も2得点。54分には飛び出したGKの位置を確認してロングシュートをきっちりと決める。さらに60分にはクロスボールのこぼれ球にいち早く反応し、グラウンダーのシュートを叩き込んだ。チームの全得点を叩き出した広島の長身FWを今季初のベストイレブンと、高採点「7.5」で今節のMVPに選定した。

 同じく4選手を初選出。川崎の知念慶はPKを含む2得点を決め、徳島戦でひと際存在感を放った。神戸の中坂勇哉は、中継役から守備まで縦横無尽に走り決勝点もマーク。鹿島のファン・アラーノは追加点をヘッドで決めただけでなく、決定的なラストパスや、背後への飛び出しで相手守備陣をかく乱した。大分の高木駿はシュート11本を浴びるものの、最後の砦としてゴールを死守し勝点1を持ち帰った。
 
 そのほか、C大阪に2-0で快勝した浦和と、横浜FCに4-0で完勝したFC東京からそれぞれ2選手をセレクト。浦和の岩波拓也は59分、自陣から絶品のロングボールを送り追加点をアシスト。そのボールをキレイに収め、ゴールを叩き込んだ汰木康也もピックアップした。

 FC東京のジョアン・オマリはフィジカル勝負はほぼ負け知らずでコンディションの良さを披露。安部柊斗は試合終盤も衰えない走力とプレー強度で中盤を制圧した。

 そのほか、先制弾を決め、好調横浜の攻撃陣を1点に抑えた名古屋の中谷進之介。中盤でのボール奪取、セカンドボールの回収、カウンターを防ぐプレーなど様々な局面で奮闘し、強い闘争心でチームを引っぱった清水の松岡大起を選出した。

【PHOTO】J1第29節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【動画】2021年J1リーグ第29節、編集部厳選ベストイレブン!
 
【関連記事】
「これはエグい!」“幻の決勝弾”を演出した久保建英のダブルタッチパスに反響!「イニエスタ級」
「妻は前妻の姪っ子!」超人フッキが第4子懐妊を“熱烈キス写真”とともに報告!「僕は幸せの絶頂にいる」
屈辱の早期交代にメッシが怒り! 指揮官との握手拒否と不満げな表情に世界騒然!「全く理解できないという顔だ」
「可愛すぎます!」なでしこ清水梨紗が公開した盟友・長谷川唯との“蔵出し私服レアショット”が反響!
日本人ダービーで珍しく“主将”指名された伊東純也が決勝アシスト!「昨日、監督にやれと言われました」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ