凄みを増した魅惑のドリブラー汰木康也が必見!特筆すべき成長ぶり

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年09月19日

9月に入ってパフォーマンスがより洗練されてきた

C大阪戦で先発した汰木。2試合連続ゴールを決めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第29節]浦和2-0C大阪/9月18日/埼玉

 気づけばそのプレーに目を奪われている。このドリブラーがボールを持てば、次は何をするのだろうと胸が躍る。

 今、浦和レッズの汰木康也は、そうした観るものを興奮させるプレーヤーである。

 J1第29節セレッソ大阪戦、主戦場の左サイドハーフで先発した汰木は再三にわたって左サイドから鋭く仕掛け、スタジアムを沸かせた。

 もともと柔らかなボールテクニックには定評があったし、これまでも観客を唸らせるようなシーンは少なくなかった。ただし、ひとりで持ちすぎてボールをロストするシーンやクロスやパスのタイミングが味方と合わない場面も散見された。

 ところが今年9月に入って先発に定着してからのパフォーマンスは、より洗練された印象があるのだ。逆に言えば、だからこそ先発に定着しているのだろう。

 具体的に言えば、プレーの幅が広がり、ドリブル、パス、抜け出しの判断が良くなったのである。

 C大阪戦で象徴的だったのが6分のシーンだ。左サイドでボールを受けると、ひとり目の相手をスピードで振り切り、ふたり目と3人目は明本とのワンツーで鮮やかに抜き去っていった。そのあとはCBを釣り出し、中央の江坂へとラストパスを送っている。惜しくも合わなかったが、ハーフウェイラインから瞬く間に決定機を作ったそのプレーは、見事と言えた。
 
 そして極めつけは59分。ピッチ中央から一気にゴール前へと飛び出すと、CB岩波拓也のロングフィードを引き出して見事にゴールを奪ってみせた。

 こうしたプレーの選択肢が多くなっただけでなく、その使いどころが秀逸なのだ。おそらくはチーム戦術の理解力が高まり、今すべきプレーが整理されてきたのだろう。

 ヘディングで決めた横浜FC戦から続けて、これでリーグ戦2試合連続ゴール。2014年に山形でプロキャリアをスタートさせてから2戦連発は初めてで、今季はここまで自己最多の4アシストも決めている点からも成長をうかがわせる。

 横浜FC戦後、汰木は以下のようにコメントしている。

「ひとつは(9月1日ルヴァンカップ準々決勝の)川崎戦くらいから、前の選手と本当に良い距離感、関係でプレーできているので、外だけじゃなくて自分が一緒に中に入っていくシーンも増えてきました。その流れの中でのシーンだったと思います。自分のプレーの幅も広がったと思っています」

 29試合消化時点でチームは3位の名古屋グランパスと勝点2差の6位。ACL出場権を懸けたレースは3位~7位までの5チームがしのぎを削る状態となっている。

 ここから、より熾烈を極めそうな終盤戦で、凄みを増すドリブラーがさらなる輝きを放ってくれるに違いない。目が離せなくなりそうだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第29節PHOTO】浦和2-0C大阪|リーグ6戦負けなし!江坂、汰木のゴールで浦和が完勝!
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和2-0C大阪|汰木、江坂らが特段の輝き!一方、乾は鳴りを潜める…
「ゴール凄すぎてびっくり」浦和L・塩越柚歩の鮮やか決勝弾に脚光!「なかなかエグい選手」
「何事も諦めてはいけない」槙野智章、浦和を4強入りに導いた“魂のゴール”に高揚「だからサッカーは面白い!」
「これはやべぇ」久保建英が一瞬でプレスをかわした超絶テクニックにファン驚愕!「うますぎて10回以上観た」
「最高の初舞台」冨安健洋のデビュー戦にアーセナルファンが歓喜!「我々は至宝を手に入れた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ