浦和が江坂&汰木のゴールでC大阪を下す!リーグ直近6試合負けなし

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年09月18日

浦和は終始、主導権を握り続けた

見事に先制ゴールを決めた江坂(中央)。試合途中にはサイドハーフもこなした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズは9月18日、J1第29節でセレッソ大阪と対戦。2-0で勝利を収めた。

 浦和は4-2-3-1システム。GKは西川周作、ディフェンスラインは右から酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩。2ボランチには柴戸海と平野佑一、右サイドハーフに関根貴大、左サイドハーフに汰木康也。2トップには江坂任と小泉佳穂が入った。

 一方のC大阪は4-4-2システム。GKにはキム・ジンヒョン、4バックは右から松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介。2ボランチは奥埜博亮、藤田直之。右サイドハーフに山田寛人、左サイドハーフに乾貴士、2トップには西川潤と加藤陸次樹が並んだ。

 浦和は前半戦で0-1と苦杯をなめさせられた相手に対し、立ち上がりから積極的に仕掛けていく。

 6分には左サイドから汰木が明本とのコンビネーションで抜け出すと、C大阪ゴールを揺らしたのは10分だ。

 関根の絶妙なスルーパスを受けた江坂が相手の追走を寄せ付けず、冷静にゴールに突き刺した。

 前半はその後、相手をゴールに近づけず、リードしたまま折り返す。
 
 後半に入っても流れは変わらず。試合の主導権を握っていたのは浦和だった。相変わらず汰木のドリブル突破が冴えわたり、チャンスを作っていくと、59分にその汰木にビッグチャンスが訪れる。

 岩波からのロングフィードに抜け出し、ペナルティエリアに進入するのだ。すると滑り込みながらボールをゴールへと流し込み、浦和に追加点をもたらす。

 これを受けて62分にC大阪は前線4人を総入れ替え。大久保嘉人、アダム・タガートの2トップ、右サイドハーフに坂元達裕、左サイドハーフに中島元彦というセットで反撃を狙う。

 それでも相手に流れは渡さず、2点のリードを保ち、浦和が勝利。リーグ戦ではここ6試合負けなし(5勝1分)となった。

 10月にはルヴァンカップの準決勝で当たる両チーム。ある意味、前哨戦ともいえる一戦は、浦和に軍配が上がった。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【セルジオ越後】川崎もバルサも必然の結果。サッカーの基本は出ていくだけなら弱くなるということ
「マジ王子」浦和ユンカー、WEリーグ開幕戦でレディースの逆転勝利を称賛!「でた!ユンカー&ユイカ―」とSNS上で盛況
10年ぶりにC大阪に復帰した乾貴士の野望「今のセレッソは元気がない」「とにかくまずは良いチームに」
浦和が京都橘FW木原励の2022シーズン加入内定を発表!「レッズの伝統と責任を背負う覚悟で戦う」
なぜ中国のエースは空港で日本の欧州組を撮影し、反響を呼ぶ投稿をしたのか。その真意を激白!「僕は何度も言ってきた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ