相馬アントラーズの真の姿。ホームG大阪戦で「自信を持って、ぶつけられる準備はできた」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年09月18日

「自分たちを否定する必要はまったくない」

G大阪戦で悪い流れを止められるか。相馬監督は「エネルギーを持ってホームで暴れる、そういう姿を見せたい」と気合いを入れる。(C)KASHIMA ANTLERS

画像を見る

 9月に入ってから、鹿島アントラーズはいまだ白星がない。名古屋グランパスとのルヴァンカップ準々決勝では、アウェーでの第1戦、ホームでの第2戦はいずれも0-2で敗れた。続くJ1第28節のアビスパ福岡戦は0-3の完敗。目下公式戦3連敗中だ。

 この悪い流れを、カシマスタジアムで迎える次節のガンバ大阪戦で食い止めることができるか。相馬直樹監督は「自分たちがどう振る舞えるか。ホームのピッチで暴れることができるような、そういうメンタリティを持って入ることが大事」と語る。

 黒星が並んだ直近3試合を振り返れば、「自分たちが招いた部分でもある」「少し集中を欠いたなかで先にリードを許した」と悔やむ。

 それでも、「だからといって、すべてが悪いという話ではない」。選手たちにも「自分たちがやってきていることに、そんなに悲観しないでほしい」と伝えたという。

「うまく行かない流れのなかで、“たられば”の話になりますが、十分にチャンスを作れているところはありました」
 
 継続すべき部分は続けて、そして改善すべきポイントには手を加える。

「勝っていた時は、もう一歩、自分たちが前へ(行けていた)。相手との距離にしても詰まっていたよね、と。切り替えにしても、いろんなことがあると思いますが、そのあたりをもう一回、確認しました。

 自分たちを否定する必要はまったくない。我々の戦い方にしっかりと自信を持って、ぶつけられる準備はできたと思っています」

 G大阪戦では、本来の相馬アントラーズの姿を見せて勝利を掴み取りたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【荒木遼太郎 PHOTO】常勝軍団を牽引する若きエース
 
【関連記事】
「全部弾き返すぐらいの気持ちで」鹿島CB町田浩樹はガンバのエースを封殺し、勝利を呼び込めるか
「バケモンや」パリ五輪世代の俊英・荒木遼太郎の「どれも海外を感じる」ゴール集に称賛の声!
「まじでキック力化け物」鹿島・上田綺世の弾丸ミドルに喝采!「こういうゴールが見たかった」
「殴ろうかと思ったと…」内田篤人の鋭すぎるインタビューに日本代表戦士がクレーム? 弁解した本人は“意図”を明かす
「やるよ、あいつは」内田篤人が太鼓判を押した“パリ五輪世代”の逸材は?「そろそろ海外が…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ