「2年に1度のW杯は評価すべきだが…」イタリア代表監督が改革案に言及!今後クラブで指揮を執るかとの問いには…

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月16日

「もし2年に1回のペースになったら…」

マンチーニがW杯の隔年開催に意見した。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏、母国イタリアを53年ぶりの欧州制覇へ導いたロベルト・マンチーニ監督が、世界中で激論を起こしているワールドカップ(W杯)改革について語った。イタリア紙『Tuttosport』が報じている。

 かつて指揮官としてアーセナルの黄金時代を築き、現在は国際サッカー連盟でグローバル・フットボール開発チーフを務めるアーセン・ヴェンゲルが中心となって推し進めているW杯の開催を2年に1度とする改革案。先日には意見を聞くため、現役および引退した選手や監督80人以上を招待した会議も開かれるなど、現在活発化を極めている。

 そうしたなか、マンチーニは故郷で開かれた自身の記念イベントに出席した際に、この案に対して「2年に1度のW杯は評価すべきことだ。ただ、W杯は4年に1度の魅力的なイベントだ。もし2年に1回のペースになったら、W杯、EURO、W杯(と短い間にスケジュールがパンパン)になるね。分からないけど、話し合ってみないと」とコメント。反対派ではないことを示唆しつつも、実現には様々なクリアしなければならない課題があるなかで、慎重な姿勢を見せた。
 
 また、2018年5月にゼニト・サンクトペテルブルクを離れて以来、遠ざかるクラブチームでの指揮にも言及。「今はW杯に集中して、早く予選を通過しなければならない。それにネーションズリーグでも優勝を目指さないと。クラブのことは考えず、代表チームに集中しているよ。代表チームのコーチを務めることは、最も美しいことだ」と訴え、アッズーリへの愛を強調した。

 これまで選手やクラブの監督が意見することはあったが、『Tuttosport』も「マンチーニが口火を切った」と伝えたように、現役の代表指揮官が隔年開催案を語るケースは中々なかった。より良い結論へ、今後さらにあらゆる立場からの意見が必要となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】第1回大会は1930年!FIFAワールドカップ歴代優勝国を紹介!(1930~2018)

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「選手にとっては殺人行為だ」UEFA会長、W杯隔年開催案に徹底抗戦の構え! 一方、“怪物”ロナウドは楽観視「何の不安もない」
「カネ目当てという愚かな神話を壊す」冨安と古橋がアジア人選手への見方を変えたと英報道!「ナカムラは英雄だったが…」
「タケのゴラッソ!」久保建英がミニゲームで決めた絶妙ターン→独走弾にファン感嘆!「トラップうますぎ」
「リトアニア人なの?」本田圭佑、入団会見でロシア時代の同僚について問われ…まさかの返答に一部の現地サポが落胆「覚えてないなんて」
「期待外れ」「フラストレーションが溜まる」パリSGの“MNM”トリオに辛辣評価。非難の矛先は監督にも…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ