川崎が苦しんだ劣悪なピッチ。日本人記者の「ホームアドバンテージになったか」の問いに敵将と韓国メディアの反応は?「こちらが集中力で上回った」【ACL】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月15日

「蔚山の選手たちにも影響を与えた」

長谷川(16番)らのPK失敗には芝の影響が…。(C)Getty Images

画像を見る

 9月14日に開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16で、川崎フロンターレは前回王者の蔚山現代FC(韓国)と敵地で対戦。0-0で突入したPK戦に2-3で敗れ、ベスト16敗退を喫した。

 パスワークや連携での崩しが持ち味の川崎が、敵のハイプレスとともに苦しめられたのが、劣悪なピッチだ。悪天候の影響で所々が剥がれ、PK戦の際にも、2本目の長谷川竜也と4本目のジョアン・シミッチの失敗は、明らかに緩い芝の影響があった。

 韓国メディア『Newsis』は、「ピッチがアドバンテージ?」と題した記事を掲載。「試合前に豪雨が降り、120分の勝負になったこともあり、競技場のあちこちの芝が剥がれた。PK戦も例外ではなかった。勝敗に少なからず影響を及ぼした」と伝えた。

【動画】Jリーグ王者・川崎が涙…蔚山との激闘の模様をチェック
 そのうえで、試合後のオンライン会見で、日本の記者から「PKを蹴るときの芝の状態が良くなかった。ホームアドバンテージになったか?」と質問があったとし、蔚山のホン・ミョンボ監督が次のように返答したと伝えている。

「同じ条件だったと考えている。ホームスタジアムではあるが、我々も同じ状況だった。特にホームアドバンテージがあったとは思わない」

 同メディアもこう見解を綴っている。

「実際、PK戦でペナルティスポットの芝の状態は、蔚山の選手たちにも影響を与えた。蔚山が集中力で上回っていたと見るのが正しい」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「ホンダがリトアニアでプレーするなんて信じられない!」本田圭佑の電撃加入に現地ファンが熱狂!「こんなビッグネームの到来は前例がない」
「行動が外国人すぎる」久保建英の指揮官への“20歳とは思えない絡み”が大反響!「監督との関係が最高」
「ストライカーだってやる」冨安健洋が明かした驚きの“ポジション観”。先輩・岩渕真奈との関係にも言及「連絡したら…」
「アルテタがトミヤスを優先しろと掛け合った」英紙が冨安健洋の“駆け込み移籍”の舞台裏を明かす
「信じられない!」香川真司が先発した開幕戦で…同僚GKの衝撃ミスに現地唖然!「恐ろしい失態」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ