「ドリブルは1回だけ」ボージャンの神戸デビューにイタリアメディアも注目!「あまり良くなかった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月08日

「15分間のプレーで多くを行なうことはできず」

広島戦でイニエスタ(左)に代わって途中出場したボージャン(右)。(C)VISSEL KOBE

画像を見る

 9月5日に開催されたサンフレッチェ広島戦でJ1デビューを飾ったのが、ヴィッセル神戸のボージャン・クルキッチだ。

 今夏に加入した31歳の元スペイン代表FWは、74分にバルセロナでも共にプレーした同胞のアンドレス・イニエスタと交代で途中出場。短時間でのプレーで、ボールタッチも多くなく、見せ場を作れなかった。

 この技巧派アタッカーの日本デビューに、イタリアの大手紙『Gazzetta dello Sport』も注目。7日付けで「ドリブルは1回だけ。ボージャンの日本デビューはあまり良くなかった」と題した記事を掲載し、次のように綴っている。

「イタリアでローマとミランに在籍した31歳は、バルサの栄光の時代のパートナーであるキャプテンのイニエスタと交代し、75分にエディオン・スタジアムのピッチに入った」

【動画】ボージャンの日本デビュー戦の模様をチェック!
 
 そして、「15分間のプレーで多くを行なうことはできなかった。シュートはなく、ボールタッチは15回で、ドリブルを試みたのは1回だけ、それも失敗した」と続けている。

 厳しい評価となったが、ぶっつけ本番に近い状況で、さらに15分だけのプレーでは仕方ないだろう。今後のパフォーマンスに注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


【画像】「バルサ以上にバルサ!」イニエスタが投稿したボージャンとの2ショット!
 
【関連記事】
「僕の横で日本の選手はほぼ全員が欧州に…」中国のエースが空港で遭遇した森保ジャパン一行に“感動”!「この差は非常に大きい」
練習場に登場したC・ロナウド、まさかのファッションに英注目!「まだ気候に慣れていないのか?」 
「最も偉大だった対戦相手は?」C・ロナウドの回答に英国人ジャーナリストが驚き!2年前の秘話を明かす
韓国メディア各社が日本の中国戦を“滅亡戦”と表現! 「一人で違いを生み出した」と最も高く評価したのは…
【セルジオ越後】中国のレベルの低さと冷房の効いたスタジアムに助けられた日本…そんな中で一番光っていたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ