「バカげている」元イングランド代表、ヴェンゲルが推すW杯2年に1度開催に強烈な不快感。UEFA会長も非難声明

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月07日

「選手たちがこの考えに賛同するとは思えない」

ヴェンゲルの推す大胆改革は、実現するのだろうか。(C)Getty Images

画像を見る

 元イングランド代表MFダニー・マーフィーが、アーセン・ヴェンゲルが推し進めるワールドカップ(W杯)の開催を2年に1度とする案を「バカげている」と一蹴した。

 かつてアーセナルで黄金期を築き、現在は国際サッカー連盟(FIFA)でグローバル・フットボール・ディベロップメント・チーフを務めるレジェンドは、2019年に同職に就任以来「サッカー選手の幸福のため」と、現状のサッカーカレンダーを大幅に変更させる計画を強力に推進してきた。その一案がW杯の隔年開催だったが、これはサポーターや識者からの反発を受けている。

 そうしたなかで、現役時代はリバプールやトッテナムでプレーしたマーフィーは、現地時間9月6日に英『talkSPORT』の番組に出演。大胆改革に対し、周期を短くすればW杯の魅力が損なわれると、強い反対姿勢を示した。
 
「もちろん、物事をよくするためには進化しなければならないし、新しいものを受け入れる心を持たなければならない。しかし、選手たちがこの考えに賛同するとは思えない。(W杯の中間年に開催されている)EUROはどうすんだ?それに試合だけでなく、試合に向けての準備や、チャンピオンズ・リーグの夜であれ、イングランド代表の遠征であれ、ビッグマッチに向けての興奮があるんだ。

 もし、これらが1つにまとめられて、ただ試合に次ぐ試合になってしまったら、選手たちは懐かしさや重要性、威信を失うことになるだろう。ヴェンゲルがこのアイデアを前進させていることには驚きだ。選手の間では、脚光を浴びることも、勢いを増すこともないと思う」

 また、欧州サッカー連盟(UEFA)も声明を発表。アレクサンデル・セフェリン会長は、「UEFAは、FIFAの計画に関する報道を巡り、深刻な懸念を抱いている。2年に1度のFIFAワールドカップが国際試合カレンダーに与える影響、特に女子サッカーに与える影響については懸念が大きい」と述べた。

 ファン、評論家、そしてUEFAからの非難に晒されるなかで、FIFAが世紀のビッグプロジェクトを実現させることはあるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】第1回大会は1930年!FIFAワールドカップ歴代優勝国を紹介!(1930~2018)
【関連記事】
「最も偉大だった対戦相手は?」C・ロナウドの回答に英国人ジャーナリストが驚き!2年前の秘話を明かす
「最高にキュート!」アーセナル女子公式が公開した岩渕真奈と同僚の“ハグショット”に反響!
「決めるのはミケルだが…」アーセナルTDが冨安健洋の起用法に言及! 「すぐにプレーさせたい」
「膝を踏みにじった」エクアドル代表MFが犯した“犯罪級の踏みつけ”に非難殺到!「ひどいファウルだ」
「日本は帰化選手を怖がっている」決戦前に中国メディアが報じる。森保J撃破の鍵はズバリ「中盤の改良」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ