「膝を踏みにじった」エクアドル代表MFが犯した“犯罪級の踏みつけ”に非難殺到!「ひどいファウルだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月07日

南米各国のメディアが糾弾

バエサ(16番)に対するソルノサ(19番)の踏みつけ行為が物議を醸している。(C)Getty Images

画像を見る

 ブラジル対アルゼンチンの大一番が、試合開始直後に中止となるという前代未聞の事態が起こったカタール・ワールドカップ南米予選。もうひとつ話題を集めているのが、同じ9月5日に行なわれたエクアドル対チリで発生した“踏みつけ行為”だ。

 目を覆いたくようなシーンだった。63分、チリのMFクラウディオ・バエサのスライディングをかわしたエクアドルのMFジュ二オル・ソルノサが、相手の右足を思い切り踏みつけたのだ。

  レフェリーはソルノサに迷わずレッドカードを提示。苦痛に悶えていたバエサは幸い大事には至らず、79分までプレーを続けている。

【動画】スライディングに来た相手の足を上から思い切り…激しすぎる“踏みつけ”
 
 この踏みつけ行為を、南米各国のメディアは糾弾している。コロンビアの『Redgol』が「犯罪級の踏みつけ」、『EN CANCHA』が「無謀だ」とこき下ろせば、ペルーの『La Republica』は「ひどいファウル」、『LIBERO』は「膝を踏みにじった」と酷評。また、『Bitbol』は「ものすごい踏みつけだ」とその激しさを伝えている。

 なお、試合はスコアレスドローで終了。ソルノサの退場で数的不利となったエクアドルだが、何とか勝点1をモノにしている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「太り過ぎという批判を嘲る」ネイマールが6パック披露で反撃!“ぽっちゃり論争”に終止符
「3日間ここにいたんだぞ」メッシが異例のブラジル戦延期に怒り! アルゼンチン4選手の国外退去命令に「なぜもっと早く言わない」
「最も偉大だった対戦相手は?」C・ロナウドの回答に英国人ジャーナリストが驚き!2年前の秘話を明かす
「自分なら絶対にキレていた」古橋亨梧のプレーを元選手が批判「分かってない」
「一線を越えた挑発だ」イラク人デザイナーらがソン・フンミンを辱める過激投稿。顔面踏みつけ&縄縛り画像に韓国メディアは憤慨!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ