「試合に出たいと思いながら…」帰化を目指すパトリックが日本代表へエール! ファンも「今代表に貴方がいてくれたら」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月03日

「私は、いつでも日本を応援しています」

G大阪のパトリックがSNSで日本代表にエールを送った。写真:徳原隆元

画像を見る

 ガンバ大阪のFWパトリックが9月2日に自身のインスタグラムを更新し、日本代表への思いを綴った。

 現在33歳のパトリックは、2013年に初来日し、川崎フロンターレやヴァンフォーレ甲府でプレーした。しかし思うように出場機会を得られず、一時は母国ブラジルへ帰国。それから再来日し、G大阪に加入した2014年夏以降は、7年間にわたり日本でのプレーを続けている。

 これまでパトリックは、自身のSNSで度々日本への愛を語り、日本国籍取得への意欲を示してきた。またサムライブルーのユニホームを着ることも長年の目標としており、日々日本語の勉強に力を注いでいる。

 そんなストライカーは2日にツイッターで、「一緒に試合に出たいと思いながら、今日はテレビの前で試合を観ました」とワールドカップ・アジア最終予選のオマーン戦(●0-1)をテレビで観戦していたことを明かし、日本代表へエールを送った。
 
「頭を下げることなく次の試合に向けて頑張りましょう。次こそ勝利は待っています。私は、いつでも日本を応援しています」

 投稿には多くのファンから、「プロフェッショナル。日本語の勉強も頑張って!」「難しいことだと分かっているけど、帰化待っています!」「その言葉が嬉しいです。今代表に貴方がいてくれたら」「なんか涙出てきた。ありがとう」などパトリックを激励する声が多く寄せられている。

 フラッシュインタビューでも、必ずと言っていいほど慣れない日本語での受け答えにチャレンジする“勉強家”のパトリック。いつの日か日本帰化の夢が叶う日は来るのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「わたしわ学んだ」パトリックが公開した日本語の発声練習!
 
【関連記事】
「一番痺れた」「容赦ない」試合後の内田篤人&戸田和幸のインタビューが大反響! ファンからは様々な声が
【セルジオ越後】五輪から3連敗…勝たせてくれない監督には信頼がなくなるよ。残念だったのは久保と堂安のプレーぶり
「負けるべくして負けた」。吉田麻也が内田篤人の質問に答え、厳しくコメント「全然良くなかった」
「選手たちは英雄だ」日本からの“歴史的勝利”にオマーン国民も熱狂!「信じられない」
「必然の敗戦」だったオマーン戦。“若い芽の勢い”ではなく“経験値”を信頼した森保監督の目論見は崩れ去り…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ