「正しいやり方ではなかった」移籍志願の鈴木優磨、“期限切れ”でSTVV残留となった心境を告白「この3か月はとても大変だった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月02日

退団した元ベルギー代表FWに感謝も

今夏の移籍が実現せず、残留することになった鈴木。(C)STVV

画像を見る

 今夏の移籍を志願していたベルギー1部シント=トロイデン(STVV)の鈴木優磨は、その希望を叶えることができなかった。

  昨シーズンのリーグ戦でチームトップの17ゴールを挙げて評価を高めた鈴木は、ステップアップ移籍を決断。チームのトレーニングには参加しながらも、試合には出場しない姿勢を貫き、ベルント・ホラーバッハ監督がぼやくこともあった。

 そんな25歳のストライカーの元には、ともにベルギーの強豪であるクラブ・ブルージュとアンデルレヒト、ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンなどからオファーが舞い込んだものの、セリエAでのプレーを望んで、拒否したと報じられていた。

 ドイツ2部のシャルケ入りも取り沙汰された移籍市場最終日の8月31日には、イングランド2部の名門ノッティンガム・フォレストからオファーがあったたようだが、これも拒絶したと英メディア『Inside Futbol』が伝えていた。

【動画】チームトップの17ゴール! 鈴木優磨の圧巻ゴール集
 そんななか、現地9月1日の夜に鈴木が自身のインスタグラムを更新。英語で現在の心境を綴った。

 冒頭で、「この3か月はとても大変でした。 しかし、この時期に私がしたことは正しい方法ではありませんでした」と自信の振る舞いについて記した鈴木は、もう一度STVVのために戦うことを宣言した。

「私は再び立ち上がって一生懸命働く必要があります。 STVVに関わっている皆さんのために、もう一度一生懸命頑張ります。 今シーズンの終わりに良い結果を出すため、選手、すべてのスタッフ、そしてサポーターとともに挑戦します。すべてのサポーターが私たちの勝利をサポートしてくれることを願っています」

 そして最後に、今年の1月にSTVVに加入し、鈴木と息の合ったプレーを見せた“相棒”イロンベ・ムボヨに感謝のメッセージを送った。34歳の元ベルギー代表FWは、8月31日にヘントへの移籍が決定していた。

「困難な状況でも、いつも時間をかけて支えてくれたムボヨさんに心から感謝しています。 彼はSTVVに来て以来、私をサポートし、救ってくれました。 人として選手として、いつもあなたを応援しています。頑張ってムボヨさん」

 鈴木の退団を見越し、クラブは林大地(←サガン鳥栖)と原大智(←アラベス)を獲得した。結果的に残留したため、日本人ストライカーが、ポジションを争うことになった。鈴木は再び信頼を取り戻して競争を勝ち抜き、昨シーズンのようなゴール量産ができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「自分なら絶対にキレていた」古橋亨梧のプレーを元選手が批判「分かってない」
「冨安はアーセナルの“アジア人残酷史”を塗り替えられるか」韓国メディアが注目!「完全に無視されてきた」
「日本人がチームを歓喜させた」デビュー戦で決勝点の林大地を、ベルギー現地紙も称賛! STVV指揮官も賛辞
開幕3連敗と低迷するアーセナルはなぜ、冨安健洋を獲得したのか? 現地メディアが見解
「愚かな選択、理解不能」イ・ガンインへのバレンシアの“冷酷な仕打ち”を韓国メディアが糾弾!「後悔しても取り返しがつかない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ