「日本人がチームを歓喜させた」デビュー戦で決勝点の林大地を、ベルギー現地紙も称賛! STVV指揮官も賛辞

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月29日

84分に原と交代してベンチへ

初先発で結果を残した林。数的不利になってからは守備でも走り回った。(C)STVV

画像を見る

 現地時間8月28日、ベルギー・リーグの第6節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はアウェーでセルクル・ブルージュと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 この試合で初先発を飾り、初ゴールを挙げたのがサガン鳥栖から加入したばかりの林大地だ。開始7分にイロムベ・ムボヨが相手GKのミスを逃さずにボールを奪い、中央に走りこんでパスを受けた林が右足で流し込んだ。

 後半早々に数的不利に陥ったSTVVだが、この1点を最後まで守り切り、5試合ぶりの白星を手にした。林は84分に同じく新加入組の原大智と交代するまで攻守に奮闘し、勝利の立役者となった。

 試合後、林はベルント・ホラーバッハ監督から「ミスを恐れずに思い切りやってほしい」と送り出されたことを明かし、「相手のミスもあったけれど、しっかりとチームで裏をとり、相手のミスを突いて、いいゴールだったと思う」と初弾を振り返った。

 また、2トップを組んだムボヨとの関係については「常に君を見ているから、どんどん動き出してほしいと言ってもらった。もっと(関係は)良くなると思う」と語り、手応えを得たようだ。
 
 現地紙『Het Laatste Nieuws』は「勝利のプレッシャーを感じていたホラーバッハは、日の丸を背負った新人ストライカーである林を起用した。彼は同胞である鈴木(優磨)の役割をコピーできる存在であり、長い髪とゴールへの嗅覚を持っていた。その日本人が、チームを歓喜させた」と称えた。

 指揮官もチームの出来にご満悦だ。試合後のインタビューで「立ち上がりが非常によく、早い段階で点が取れた。攻撃面で非常に積極的になることができたが、後半にレッドカードが出てからは全力で守るしかなかった。今日は本当にすべてを出し切ってくれたので、最大限の賛辞を送りたい」とコメントしている。

 今シーズン2勝目を挙げたSTVVは、チームとしての完成度を上げるために約2週間の代表ウィーク中に練習試合を行なうという。新加入の林と原にとっては、連係を深めるいい機会となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】林がベルギーリーグのデビュー戦で初先発&初ゴール! 執念で流し込んだ得点シーン
 
【関連記事】
交代時にスタンディングオベーションを受けた久保建英。3人からユニホームを要求され…
「混乱しすぎて醜い」ロナウド電撃退団のユーベ、昇格組にまさかの敗戦で指揮官に辛辣批判!「ピルロだったら…」
「やるよ、あいつは」内田篤人が太鼓判を押した“パリ五輪世代”の逸材は?「そろそろ海外が…」
「いい写真!」横浜公式が投稿した「これぞマリノスファミリー」な一枚にファン感動!
「3年いて『ありがとう』すら書けないのか」ユーベ退団のC・ロナウド、惜別投稿の痛恨スぺルミスが反響!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ