ドルトムントが移籍市場最終日にクロアチア代表CBを獲得へ。チェルシーのイングランド代表FWを補強する可能性も?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年08月31日

ハドソン=オドイの獲得もある?

ドルトムント加入が近付くポングラチッチ(中央)。(C) Getty Images

画像を見る

 本日8月31日、欧州主要リーグの夏のトランスファーマーケットが終了する。

 今夏はリオネル・メッシのパリ・サンジェルマン行き、クリスチアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッド移籍など、ビッグディールに沸いたが、最終日にも例年同様、多くの駆け込み移籍が行なわれるはずだ。

 そして、ドイツの雄ドルトムントにも動きがありそうだ。ドイツ紙『キッカー』によると、ヴォルフスブルクのクロアチア代表DFマリン・ポングラチッチの獲得に近づいているという。

 現在、ドルトムントはマッツ・フンメルス、エムレ・ジャン、ダン=アクセル・ザガドゥなど最終ラインに複数の怪我人を抱えており、ベルギー代表MFのアクセル・ヴィツェルをCBで起用する事態に陥っている。
 
 そこで白羽の矢が立ったのがポングラチッチだったようだ。20年1月にレッドブル・ザルツブルクからヴォルフスブルクに加入し、入団当初はCBの定位置を掴んだものの、昨シーズンから出場機会が減少。ヴォルフスブルクでは実質、余剰人員となっていた。

 今夏からドルトムントで指揮を執るマルコ・ローゼ監督はザルツブルク時代の恩師であり、新天地としては最適な環境と言える。さらに右SBに対応できることも大きなメリットだ。

 さらに、ドルトムントはチェルシーのイングランド代表FW、カラム・ハドソン=オドイの獲得にも動いており、実現する可能性は低くないという。

 いずれにせよ、10年ぶりのリーグ制覇を目指すドルトムントの“デッドラインデー”から目が離せそうにない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「エムバペの移籍交渉は決裂」と仏大手紙が報道! マドリーの250億円“非公式オファー”もパリSGが拒絶か
エムバペ移籍が難航のマドリー、フランス代表の “超逸材” 18歳MFを39億円超で獲得へ!
マンU指揮官がC・ロナウドの電撃復帰の舞台裏に言及!「今季、彼がユベントスを離れるとは思っていなかった」
“日韓の至宝”が共闘! 韓国代表MFイ・ガンインのマジョルカ加入が正式決定!ライバルの久保建英と同僚に
バイエルンがまたライプツィヒから主軸を引き抜き! オーストリア代表MFを約20億円で獲得

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ