守田英正へのトルコ1部フェネルバフチェからのオファーをクラブが拒否! 「500万ユーロでは見合わない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月30日

オファーそのものは認めるも、移籍金の面で折り合いがつかずか

サンタ・クララで主力として定位置を確保している守田。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月30日、日本代表MF守田英正が所属するポルトガル1部サンタ・クララが、「守田の移籍について、フェネルバフチェと合意に達することはできなかった」とプレスリリースを出したようだ。現地紙『Record』など複数のメディアが報じた。

 トルコ1部フェネルバフチェは、守田に対して移籍金500万ユーロ(約6億2500万円)での獲得オファーを出していたとされる。だが、保有元は「金銭的な条件で合意に至らなかった」と説明しているという。

 リリースによれば、守田への正式なオファーそのものは認めており、「慎重に分析した結果、本取締役会は提示された条件が我がクラブの利益を擁護するものではなく、市場価値も事実に見合ったものではないため、拒否することを決定した」としている。
 
 また、同クラブは「市場価値に見合った公正な対価を支払ったうえであれば、交渉に応じる」とも綴っている。

「この選手の売却においては、契約解除条項に1000万ユーロ(約12億5000万円)を定めており、この金額を支払うことによってのみ交渉が可能になる」

 守田は今年1月にクラブに加入し、サンタ・クララと3年半の契約を結んでいる。日曜日に行なわれたジウ・ヴィセンテ戦にも出場し、2-1の勝利に貢献している。

 26歳のMFは、代表ウィークに行なわれるアジア最終予選の日本代表メンバーに選出されている。フェネルバフチェはさらなるオファーに乗り出すのか、今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
 
【関連記事】
「電話を待っている」冨安健洋のプレミア移籍は成立するのか? 伊紙はボローニャが“妥協する”可能性を報じる
「ファンが望む姿そのもの」板倉滉に本拠地デビュー戦で送られたサポーターからの拍手。現地記者も絶賛したその理由とは?
「驚きでしかない」古橋亨梧の“不可解な起用法”を地元紙が疑問視!「敵の守備陣は安堵したはずだ」
「ラスト1秒で悲惨なミス」ビジャレアルの信じられない痛恨OGに世界衝撃!「今年最もバカげたゴール」
マンUに背番号7が2人…プレミアリーグ公式サイトでの奇妙な現象が話題!「CR7とCV7にすべき」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ