「FC東京は大切なチーム」それでも武藤嘉紀が新天地に古巣ではなく神戸を選んだ理由

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月23日

「武藤嘉紀をより必要としてくれた神戸に行くことを決断」

神戸で新たなスタートを切ることを決断した武藤。「もう一度、ゴールを取り続けられる選手に」と意欲を燃やす。(C)VISSEL KOBE

画像を見る

 6年ぶりのJリーグ復帰を果たした武藤嘉紀。移籍先は古巣のFC東京ではなく、ヴィッセル神戸だった。

 FC東京ではアカデミー時代を過ごし、プロデビューも飾った。当然、特別な感情のあるクラブだろう。8月22日に行なわれた神戸の新加入選手会見の場でも、「FC東京は僕を育ててくれた大切なチーム」と語った武藤の中で、古巣は新天地候補として「考えにはありました」という。

 それでも、神戸を選んだ理由について次のように話す。

「今回、ヴィッセル神戸さんが自分に熱くオファーをしてくださり、かつ選手として必要としてくださった。チームにはそれぞれ補強ポイントだったり、その時に欲しいと思う選手ではないと、移籍は成立しないと思う。そういった面で、武藤嘉紀をより必要としてくれた神戸に行くことを決断しました」
 
 同7日の完全移籍加入のリリースでは「チームのヴィジョンに強く共感」したことも、決断の理由として言及している。

「ヴィッセル神戸に勝利をもたらすこと、タイトルをもたらすこと、そしてアジアナンバーワンチームにする、そういう大きな目標を掲げて、帰ってきました」

 デビュー戦となった同21日の鹿島アントラーズ戦では山口蛍の決勝点をアシストと、さっそく結果を示した。強い決意でクリムゾンレッドに袖を通した武藤は今後、どんな活躍を見せてくれるか楽しみだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】滅多に見られない!?古橋亨梧の移籍壮行式に駆けつけたヴィッセル神戸イレブンの私服を大特集!
 
【関連記事】
神戸の武藤嘉紀が“ゴールマシーン”宣言!「出場し続ける、得点感覚を戻す」ことに専心
「いろんなスター選手とプレーしてきたが…」神戸新加入のボージャンが明かした“友人”イニエスタへの想い
「今までないから面白い。普通じゃ勝てない」大型補強の神戸で新10番を背負う大迫勇也の強いこだわり
【ヴィッセル最強布陣はコレだ】"半端ない"新生3トップ!大迫とイニエスタのホットラインが開通か
【セルジオ越後】どう出るか分からない神戸の大型補強だが…厳しい現実を味わってきた大迫や武藤の反骨心に期待

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ