G大阪とFC東京は両GKの好守も光り、ドロー決着。特別指定選手の山見大登が終盤に決定機を創出も…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

G大阪は前節のヒーロー山見大登を後半投入

スーパーセーブのみならず、的確なポジショニングも効いていた東口。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月21日、第25節の9試合を各地で開催。パナソニックスタジアム吹田で行なわれたG大阪とFC東京の一戦は、0-0の引き分けに終わった。

 前節、清水に特別指定の現役大学生FW山見大登のスーパーゴールで1-0で勝利したG大阪は、その試合から先発1人を変更。柳澤亘が外れ、小野瀬康介が入る。

 8月に入って2連敗中のアウェーのFC東京は前節・札幌戦で2度のリードを守り切れず2-3の逆転負け。3人を変更してこの試合に臨んだ。渡辺剛、バングーナガンデ佳史扶、田川亨介が外れ、中村拓海、ジョアン・オマリ、ディエゴ・オリヴェイラが先発。中村拓海は6月19日の横浜FC戦以来、約2か月ぶりの出場となった。

 試合は、素早いトランジションから両チームが決定機を迎える。

 ホームのG大阪は、7分に宇佐美貴史が強烈なシュートを放つ。GK波多野豪の好セーブでこれを防いだFC東京も12分、14分とD・オリヴェイラとレアンドロのコンビで相手ゴールに迫る。
 
 G大阪はレアンドロ・ペレイラが度々強烈なシュートを放つものの、枠を捉えることができない。

 FC東京も後半立ち上がりのCKの流れから、最後は小川諒也がハーフボレーを放つが、これはポストに嫌われる。

 後半は両チーム堅い守備を崩そうとミドルシュートを多用。しかし、G大阪の東口順昭、FC東京の波多野と両GKの好守もあって、ネットを揺らすことができない。

 G大阪は70分に宇佐美、倉田秋を下げ山見と井手口陽介を投入。続けて足を押さえていた藤春廣輝を柳澤亘にチェンジ。81分に奥野耕平とチアゴ・アウベスを送り出し5枚の交代カードを使い切る。

 FC東京も永井謙佑、田川亨介、三田啓貴、髙萩洋次郎ら攻撃的なカードを送り出して白星を目指す。

 終盤はG大阪の山見、FC東京の田川とそれぞれチャンスを創出するものの、決定打が生まれずスコアレスのままタイムアップを迎えた。

 この結果、G大阪は勝点30、FC東京は同36と1ポイントを分け合った。

 中3日で迎える次節、G大阪は横浜FCと、FC東京は仙台とそれぞれ敵地で対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「シティから来た日本代表DFは何者だ?」シャルケ移籍の板倉滉にブンデス公式も注目!「似ている」と評された名手は?
「ああ、助かった」吉田麻也の“帰還”にファンも歓喜の声!スラリと伸びた「美脚」も脚光!
吉田麻也が内田篤人に明かした、日本代表キャプテンの後継者は? その事実を聞いた本人は…
エイバル退団の乾貴士、スペイン2部3クラブからのオファーを断っていたと現地報道。狙いはあくまで…
先輩たちに続け…関西学院大FW山見大登のG大阪入りの裏側にある、山本悠樹の存在

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ