エイバル退団の乾貴士、スペイン2部3クラブからのオファーを断っていたと現地報道。狙いはあくまで…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

昨シーズン限りでエイバルを退団

乾はあくまで、スペインでのプレーを望んでいるようだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 昨シーズン限りでエイバルを退団した乾貴士に、スペイン国内からオファーが届いていたことが明らかになった。現地メディア『Grada3』が伝えている。

 33歳の乾は、2021年6月末でエイバルとの契約を終えた。クラブの2部降格に伴う契約解除だと報じられており、現在はフリーの状態だ。

 そんな日本人アタッカーのもとに、同メディアによれば少なくとも3つのスペインのクラブから声がかかったという。レアル・オビエド、イビサ、カタルヘナだったようだ。
 
 だが、乾はその誘いに応じなかったという。同メディアは、「理由はいずれもスペイン2部のクラブであったことが大きな理由である」としている。

 乾はラ・リーガでエイバル、アラベス、ベティスで通算6シーズンを過ごしており、リーグ戦177試合に出場、16ゴール・19アシストという結果を残した。同メディアは「彼の希望はキャリアを継続できる1部リーグのチームに移籍することなのだ」と綴っている。

 欧州主要リーグの移籍市場がクローズする31日まであと10日余り。乾と同じようにウエスカを退団した岡崎慎司も未だ新天地が定まっておらず、日本代表のベテランアタッカーたちの動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
「指揮官も望んでいる」堂安律の争奪戦はドイツ1部ホッフェンハイムがリード? 現地メディアが報じる
ボローニャ残留が濃厚な冨安健洋のモチベーションに伊紙が見解!「監督もクラブも疑っては…」
「楽しみすぎる!!」林大地がSTVVと正式契約!6人目の日本人選手として労働許可書発行後にチームに合流予定
「彼の“最終形態”は想像もつかない!」6戦6発の古橋亨梧を地元紙が激賞!「現れたばかりなのに…」
「内田選手のように、感動を与えたい」板倉滉のドイツ2部シャルケ加入が正式発表! 1年の期限付き移籍、買取オプション付き

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ