青森山田が16年ぶりVに王手! エース松木玖生の2発などで静岡学園に4-0快勝【総体準決勝】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

静岡学園も持ち前のテクニックを発揮してプレスをかわすが…

松木が2ゴールを挙げる活躍で青森山田を決勝に導いた。写真:滝川敏之

画像を見る

 福井インターハイの男子サッカーは8月21日、準決勝2試合が行なわれ、青森山田対静岡学園は青森山田が4-0で勝利を収め、22日の決勝に駒を進めた。

 20年正月の選手権決勝と同一カードとなった一戦。当時は静岡学園が0-2からの逆転劇で3-2と勝利し王者に輝いていた。
 
 試合は立ち上がりから青森山田がハイプレスで押し込むが、静岡学園も持ち前のテクニックで対抗。徐々に押し返す。しかし前半13分、エースの松木玖生(3年)が蹴り込み、青森山田が先制する。

 勢いに乗る青森山田は前半終了間際にも松木の左サイドへの展開を起点に、最後はFW名須川真光(3年)が押し込み追加点。青森山田が2点をリードして前半を折り返した。
 
 迎えた後半、青森山田が畳み掛ける。ペナルティエリア手前でFKを得ると、キッカーの松木が左足を一閃。鮮やかな弧を描いたシュートがゴール左隅へ決まった。青森山田が3-0とリードを広げる。

 試合は終了間際にも青森山田が1点を追加し、青森山田が4-0で勝利。2年前の雪辱を果たし、2005年以来の16年ぶりの総体優勝へ王手をかけた。決勝は、8月22日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
青森山田、衝撃の強さ! 静岡学園をシュート0本に抑える"完勝劇”を支えた最強ボランチコンビの働きぶり
【総体】米子北が11大会ぶりのファイナル進出! 一度は同点に追いつかれるも終了間際の劇的弾で勝ち切る!
「ツバサであることを祈る」青森山田の2年生10番・松木玖生が名門リヨンの練習に参加し現地騒然!「テストを受けている」
「かげながら応援してます!」16歳、本田望結が青森山田のエース松木玖生との激レア2ショット公開!
高校サッカー界のキングや数々の世代別代表も! 福井インターハイを彩る“逸材45人”を編集部が厳選!~MF編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ