【総体】米子北が11大会ぶりのファイナル進出! 一度は同点に追いつかれるも終了間際の劇的弾で勝ち切る!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

星稜は前半にGK山内がチームを鼓舞も…

米子北が11大会ぶりとなる決勝進出を果たした。写真:田中研治

画像を見る

 インターハイ(全国高校総体)は8月21日に準決勝を実施。三国運動公園陸上競技場で行なわれた星稜(石川)対米子北(鳥取)の一戦は、米子北が3-2で勝利を収め、決勝進出を決めた。
 
 2年ぶりの開催となった今大会。準決勝に勝ち進んだ星稜と米子北の一戦は、これまでも全国の舞台での顔合わせの経験が何度もある常連校同士の戦いとなった。
 
 試合の立ち上がりは、両チームともに相手DFの裏を狙うロングボールが多用。そのなかで、先制点を奪ったのは米子北だった。
 
 前半8分、ペナルティエリア右付近から渡部颯斗(3年)が右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートが左ポストの内側に当たりゴールに吸い込まれた。
 
 先手を取り、勢いに乗った米子北はさらに10分にも、ディフェンスラインからのロングフィードに抜け出した片山颯人(3年)が、GKとの1対1を冷静に沈め、あっという間に2点をリードする。
 
  一方早くもビハインドを負い、苦しい状況となった星稜は、前半途中に取られた飲水タイムに、GK山内友登(3年)が「逆転できるぞ!やるしかないよ!」とチームメイトを鼓舞。しかし、その後も相手にセカンドボールを回収されることが多く、なかなか効果的な攻撃を繰り出すことができない。
 
 米子北は後半も、鈴木慎之介(3年)と飯島巧貴(3年)のCBコンビが、連携の取れたカバーリングで相手攻撃陣を寄せ付けず。主導権を握る展開が続いた。
 
 後半14分には、シュートのこぼれ球を詰めた片山がネットを揺らすも、GKと交錯でファウルを取られゴールは認められなかった。
 
 後半20分に、素早い速攻から星稜の岡田伯斗(3年)に1点を返され、同32分に前出悠杜(3年)に決められ一度は同点に追いつかれるが、終了間際の34分に牧野零央(3年)が強烈なミドルシュートで決勝ゴールを奪い、米子北が3-2の勝利。11大会ぶりとなるファイナル進出を果たした。準決勝は明日22日に開催される。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
青森山田が16年ぶりVに王手! エース松木玖生の2発などで静岡学園に4-0快勝【総体準決勝】
【総体】「憧れは三笘選手」米子北のドリブラー木村愛斗が実感する自らの成長「全国で通用すると思った」
【総体】静岡学園の古川陽介が先輩・旗手怜央の東京五輪出場に刺激「世界と戦えることを証明してくれた」
【総体】優勝候補・青森山田が大会記録を破る勢いでゴールを量産中! 誰もが点を奪える圧巻の強さの秘訣は?
「イ・スンウは眼中にないのか」林大地のSTVV移籍に韓国人記者が嘆き。“コリアン・メッシ”の新たなライバルに「日本人だけで6人目、よりによってFWだ…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ