【総体】「憧れは三笘選手」米子北のドリブラー木村愛斗が実感する自らの成長「全国で通用すると思った」

カテゴリ:高校・ユース・その他

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2021年08月20日

「1回戦からどんどん自信がついてきた」

木村愛斗が先制点を含む2ゴールを挙げ、米子北のベスト4進出に大きく貢献した。写真:田中研治

画像を見る

[インターハイ準々決勝]神村学園1-3米子北/8月19日(木)/テクノポート福井総合公園芝生広場

 米子北のMF木村愛斗(3年)が、神村学園との準々決勝で持ち味のドリブル突破を存分に発揮。チームをベスト4へと導く2ゴールを奪ってみせた。

 12分、DF原佳太朗(3年)からのロングフィードを前線で受けた木村が、得意のドリブルを開始。スピードに乗った突破からシュートを流し込み、チームを勢いに乗せる先制点を奪った。

 さらに31分には、右CKを頭で押し込み2点目をマーク。「ドリブルで積極的に仕掛けるところや、スプリントで前に行く力が自分のストロングポイント」と木村が口にしたように、自分の良さを最大限に出せた結果が2ゴールに繋がった。

「1回戦からどんどん自信がついてきました。ドリブルは全国で通用すると思ったので、次からもどんどん積極的に仕掛けようと思います」

 全国大会という各都道府県から強豪校が集結する大舞台で力を誇示できたことは、大きな自信となったようだ。
 
 そんな木村には憧れの選手がいる。自身と同じように緩急を活かしたドリブルを特長とする三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ)だ。試合前にも三笘の映像をチェックするほどで、「ドリブルだったり、シュートの場面をいつも見ています」と目を輝かせる。

 日々の練習や見本とする選手から情報を得て、成長を続けるドリブラーだが、一方で、「後半になると運動量が落ちてくるし、フィジカルの部分や球際で負けることが多い」と語り、自身に足りない部分もしっかりと分析できている。

 こうした自己分析も、全国優勝を狙うチームで生き抜くためには必須事項。日頃から研究を重ね、自身の課題と向き合い、ウイークポイントを補う努力を欠かさない。

 8月21日に行なわれる準決勝の相手は、石川の強豪である星稜に決まった。木村は、「後ろの選手の気持ちを考えることを常に言われていて、米子に残っている人だったり、応援してくれている人たちのために走って頑張りたい」と、メンバーに入れなかった選手の想いや、地元の応援に応えるため、全力を出し尽くす構えだ。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【インターハイ準々決勝PHOTO】神村学園1-3米子北|愛斗!愛斗!秀人!米子北が3発で快勝!神村学園を下す!!
 
【関連記事】
【インターハイ準決勝展望】星稜対米子北、青森山田対静岡学園。注目選手や展開予想など見どころを紹介!
【総体】「ずっと兄のプレーを映像で観て…」米子北の“マルチロール”佐野航大の成長の背景にあった偉大な兄・海舟の背中
【総体】優勝候補・青森山田が大会記録を破る勢いでゴールを量産中! 誰もが点を奪える圧巻の強さの秘訣は?
吉田麻也が内田篤人に明かした、日本代表キャプテンの後継者は? その事実を聞いた本人は…
あれ、ロゴがない…EL予選で起こった珍事件が話題沸騰!「君の気持ちは伝わった笑」「新ユニの弊害出たな」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ