「イ・スンウは眼中にないのか」林大地のSTVV移籍に韓国人記者が嘆き。“コリアン・メッシ”の新たなライバルに「日本人だけで6人目、よりによってFWだ…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

「韓国のファンの物足りなさは大きくなっている」

林(左)の加入でイ・スンウ(右)の立場はますます…。(C)STVV、 Getty Images

画像を見る

 8月20日、ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)がサガン鳥栖からFW林大地を完全移籍で獲得したことを発表した。これで、現在STVVに所属する日本人選手は、シュミット・ダニエル、鈴木優磨、伊藤達哉、松原后、橋岡大樹に続いて6人目となった。

 このニュースを嘆いたのが、韓国メディア『STAR NEWS』のキム・オジョン記者だ。「イ・スンウは全く眼中にないのか。日本人だけですでに6人目の獲得…よりによってまたFWだ」と見出しをつけ、次のように綴っている。

「イ・スンウ(23歳)は、眼中にもないのか。所属するシント=トロイデンがまた日本人選手を獲得した。すでに6人目で、よりによってポジションは、イ・スンウと同じアタッカーだ」

 バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ち、“韓国のメッシ”と持て囃されたイ・スンウは、嘱望されたそのキャリアが完全に停滞。バルサを追われ、ヴェローナを経て入団したSTVVでも、鈴木らとのポジション争いで後れをとり、今年1月には、ポルトガルのポルティモネンセにレンタルされた。だが、ここでも出番に恵まれず、結果を残せなかった。

【動画】イ・スンウを蹴落とした鈴木優磨の圧巻ゴール集
 レンタルバックでベルギーに戻ってきた今シーズン、移籍を志願している鈴木が退団すればチャンスが広がる可能性があったが、新たなライバルとして林が加わったため、その状況を嘆いた格好だ。

 今シーズンのイ・スンウは、ここまで第1、2節でベンチ入りを果たして「期待が高まった」が、3、4節はメンバーから除外。同記者は、次のように締めくくっている。

「同じポジションに同じ年代、それも日本人選手が加入し、出場機会を得られずにいる状況だ。所属チームでどんどん立場が悪くなる一方で、イ・スンウがピッチを駆け巡る姿を見たいという韓国のサッカーファンの物足りなさは大きくなっている」

 このままその才能は埋もれてしまうのか。日本人選手の活躍とともに、イ・スンウの今後にも注目が集まる。

 構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ソン・フンミン以上と期待されたのに…」“韓国のメッシ”はなぜ伸び悩んだのか? 悲しい現状にスペインメディアが注目
マドリーの17歳・中井卓大が1G1Aと躍動! 正確な左足シュートとヒールアシストで魅せる!
「イ・ガンインのライバルが脱落した!」久保建英のゴールデンボーイ選外に韓国メディアも注目!
「18歳に押され、居場所がない」南野拓実の厳しい現状に韓国メディアも注視「このままだと時間稼ぎのために…」
「もう神の領域だ」爆発中の古橋亨梧を中国メディアが大絶賛!「6ゴールは全て魔法のような動きから…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ