【移籍市場超速報】ミラン、コンドグビア獲得に注力 & ローマはマンCのゼコに接近開始

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年06月15日

ミランは今週中にもコンドグビア本人を交えた交渉を予定。

前線のテコ入れに動くローマは、このゼコにアプローチを開始した。 (C) Getty Images

画像を見る

【ミラン】J・マルティネスの次はコンドグビア獲得に注力
 
 ジャクソン・マルティネスの獲得がほぼ確実になり(コパ・アメリカ開催中のチリでメディカルチェックを行なうためメディカルスタッフの派遣を準備中)、ズラタン・イブラヒモビッチの再獲得もまだ諦めていないミランは、もうひとりのターゲット、フランス代表MFジョフレー・コンドグビア(モナコ)に対してもアプローチを強めている。
 
 今週中にも代理人と選手本人を交えて交渉を行なう見通し。モナコの要求額は3000万ユーロ(約42億円)、コンドグビアも年俸300万ユーロ(約4億2000万円)を求めているが、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長は交渉をまとめ上げる自信を見せている。
 
【ローマ】ゼコ獲得に向けてアプローチ開始
 
 ローマは前線の補強に向けて、マンチェスター・シティのエディン・ゼコを候補のひとりにリストアップ、代理人に移籍の可能性を打診した模様だ。
 
 その感触を元に、近いうちにマンCともコンタクトを取る見通し。マンC側はもし話に応じる場合、ローマのセルビア代表FWアデム・リャイッチを交渉に組み込むよう求める可能性もある。具体的な動きはこれからだ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
陣容刷新に動くインテル 長友佑都は交換要員リストに
チェルシー ファルカオ獲得に向けて前進 1年間のレンタルでモナコと話し合い
【移籍市場超速報】イブラヒモビッチがミラン復帰を否定 「パリSGとの契約は全うする」
今夏の移籍市場の「注目銘柄」ジャクソン・マルティネスがミランへ! コパ・アメリカ終了後に正式決定の運び
【移籍市場超速報】コンドグビアを巡るミラノダービーはミランが有利
【移籍市場超速報】ローマの英雄トッティ 2016年で引退、フロント入りか? 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ