状態上向きの鹿島・和泉竜司。徳島戦でも「自分の良さや相手の嫌がること」で勝利に導けるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月14日

「行くところ、行かないところをはっきりと全員で合わせることが大事」

怪我から復帰後は連続出場中の和泉。徳島戦に向け「仕掛けられる部分はもっと仕掛けたい」と意気込む。(C)KASHIMA ANTLERS

画像を見る

 鹿島アントラーズの和泉竜司が8月13日、オンライン取材に対応。15日の徳島ヴォルティス戦に向けた意気込みを語った。

 チームは目下2連勝中。東京五輪の開催中に行なわれたガンバ大阪戦は1-0、直近の湘南ベルマーレ戦は2-1と、1点差の勝負を競り勝っている。徳島戦は3連勝をかけた一戦。「前節の湘南戦も難しい試合でしたけど、全員でなんとか勝ち切れました」と振り返る和泉は、「今月、唯一ホームでできる試合。簡単にはいかないと思いますけど、しっかり勝って終われるように良い準備をしたい」と気合いを入れる。

 徳島の印象については、「しっかり後ろからボールをつなぎながら、前にドリブルだったり、背後を取れる選手がいて、みんなが連動しながら崩してくるイメージがあります」と語る。16位と降格圏内の一歩手前に位置するが「良い相手」とも警戒する。

 和泉自身は今季、3月に右大腿二頭筋腱損傷の怪我を負い、約3か月の離脱を余儀なくされた。復帰したのは6月23日の大分トリニータ戦で、それからは栃木SCとの天皇杯3回戦を挟み、リーグ戦ではコンスタントに出場時間を伸ばしている。先述のG大阪戦では久々のスタメン出場も果たした。
 
「だいぶコンディションは上がってきています」と手応えを口にする背番号11は、徳島戦でもチームの勝利に貢献するような活躍を見せられるか。

「チームとして行くところ、行かないところをはっきりと全員で合わせることが大事。そのなかで、個人として、仕掛けられる部分はもっと仕掛けたい。スタートか途中出場か分からないですけど、出たときにしっかり自分の良さや、相手の嫌がることを意識しながらやっていきたい」

 攻守両面でアグレッシブに戦える和泉の奮起に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
元日本代表ふたりが荒木遼太郎を“天才”と評した理由が面白い「Jリーグの中でそういない」
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】両SHに“鹿島コンビ”を選出! A代表の主軸となってほしい久保&中井は選外
「なんて成長ぶり」マドリーの中井卓大が投稿した“飛び級出場”のPSM写真が反響!「日本の未来だ」
メッシが投稿した初練習&挨拶回り動画が2500万回再生超の大反響! S・ラモスとの熱いやり取りに「数日前までは不可能だった」
久保建英はレギュラーの座を奪えるのか? ライバルは? 現地メディアが見解「技術とインテリジェンスは優れているが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ