【J1ベストイレブン】中断明けのMVPはスーパーボレーを叩き込んだ徳島のアタッカー!8選手が初選出に|23節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月12日

横浜FC、柏からも2選手をピックアップ

【第23節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは8月9日、東京五輪による中断期間を終え、第23節の全10試合を各地で開催した。ここでは、今節に行なわれた全試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役は、スーパーボレーでJ1初ゴールを記録した徳島の西谷和希だ。

 G大阪戦で9試合ぶりに先発した西谷は、1点リードして迎えた前半のアディショナルタイムに右サイドからの浮き球のパスをジャンピングボレー。豪快にネットに突き刺し、これが決勝点に。89分にピッチを後にするまで、G大阪の守備陣を翻弄し、「7.5」の高採点を獲得したアタッカーを今節のMVPに選定した。

 徳島からはCKから先制弾を決めた宮代大聖もチョイス。ふたりの得点でダニエル・ポヤトス監督にホーム初勝利をもたらした。

 同じく2選手をピックアップしたのは、横浜FCと柏。横浜FCの松尾佑介は9分に左サイドからのパスで相手オウンゴールを誘発すると、33分、松浦拓弥のスルーパスに抜け出し独走。GKとの1対1で冷静に浮き球のシュートを決め、2ゴールに絡んだ。秀逸なカバーリングで相手の決定機を未然に潰した韓浩康とともに選出した。

 柏からは右サイドのコンビをセレクト。高橋峻希は、イニエスタから奪ったボールを先制弾につなげるなど、攻守で存在感を放ち、クリスティアーノは、堅守速攻の要としてフィニッシュでも高い技術を発揮した。
 
 そのほか、今季公式戦無敗を続ける川崎の登里享平は、終盤まで果敢な攻め上がりを見せ、77分には絶妙なタッチから遠野大弥の追加点をアシスト。鹿島の犬飼智也は強烈なロングシュートと、アディショナルタイムのしぶといヘディングで2ゴールを記録し逆転勝利の立役者に。札幌の深井一希はJ1通算100試合出場を自らのゴールで祝い、それぞれ初選出となった。

 また、11本ものシュートを浴びながら的確な対応で無失点に抑えた仙台の守護神・ヤクブ・スウォビィク、豊富な運動量でチーム戦術の要となり、攻めては12節以来のゴールが決勝点となった鳥栖の仙頭啓矢を選んだ。
 
【関連記事】
東京五輪代表22人のW杯アジア最終予選でのリアルな戦力評価。欧州移籍を叶えた田中、三笘、林らの位置づけは…
【五輪代表 全22選手の通信簿】最高のS評価は4人。厳しい査定となった3選手は…/東京五輪
「野心が一致している」メッシのパリ・サンジェルマン加入が正式発表! 背番号は「30」に決定
「僕はまだ野心を持っている」パリSG加入のメッシが会見で熱い意気込み!新天地デビューには「少し準備が必要」
長谷部でもまとめるのは無理? 原博実が選ぶ日本代表・歴代最強ベスト11が個性的すぎる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ