【中断明けの青写真|金沢】再浮上へ柳下監督は原点回帰を決断。迷いのないボールアタックでプレスが甦るか

カテゴリ:Jリーグ

村田亘

2021年08月10日

一時は3位浮上も5月に入り守備に陰り。臨機応変な連動からプレスポイントをはっきりと決める方向へ

原点回帰で後半戦に臨む金沢。果たして、リーグ戦での再浮上はなるか。写真:滝川敏之

画像を見る

 東京五輪開催でJリーグは一時中断。その間、各チームは戦力補強やミニキャンプ実施など、再開後に向けて準備を進めている。五輪後はいかなる戦いを見せてくれるか。ここでは、J2のツエーゲン金沢を取り上げる。

――◆――◆――
 中断期間はキャンプを行なわず、戦術的にとくに新しいことを始めたわけでもない。いまのところ補強選手もいない。そんななかで柳下正明監督が示した方向性が原点回帰、先鋭化だった。

 今シーズンはスタートダッシュに成功し、一時は3位に浮上することもあった金沢だが、5月に入って一度歯車が狂うと勝てない時期が続いた。その要因のひとつは積極的にボールを奪いにいく守備に陰りが見えたことだった。柳下監督はボールを失った際、臨機応変に連動してプレスをかけ、それが駄目なら一旦引いてセットした状態から再び出ていくことを選手たちに求めた。また対戦相手によっては中盤のスペースを使われないようにするため、前からプレスにいきすぎないように求めることもあった。しかしそれらがうまくいかず結果的に引いてしまうことが多くなると、持ち味の激しさが失われ、攻撃に移っても前線が孤立することが目立つようになっていった。
 
 そこで中断期間を前に指揮官は原点回帰を決断。できるだけ前からプレスをかけ、攻から守への切り替えの際には誰がどこにプレスにいくかをある程度決めて、迷いなくボールにアタックできるように変化させた。中断期間もボールを奪う・奪い返すことにフォーカスした練習を続けた。

 攻撃面でも立ち返ったのは原点。まずはゴールに一番近く守備側が嫌なところを素早く狙うこと、そしてボールを前に進めること、選手が走ることを求めた。パス&ムーブを繰り返すことで相手を動かし意図的にスペースをつくり、適切なタイミングでそこを使う。局面での数的優位をつくるためにボールホルダーを追い越す。練習ではそういった部分に重点が置かれた。「怖がらずにどんどん行こうということ。新しいことではないけど、もっともっと強調して伝えた」。柳下監督はそう狙いを明かしてくれた。

 指揮官はメンタル面でも選手たちを鍛え直した。毎日の練習は長くても90分ほどと時間は短かったが、炎天下で強度の高いメニューが続いた。選手たちの足が止まり、集中力が切れそうになったときには「きついけど、ここだぞ」とコーチングスタッフから叱咤激励の声が飛んだ。苦しくなったときにどれだけマークにつききれるか、そしてボールを奪って前に出ていけるか。個々のレベルアップと、いかにチームのために戦えられるか、その姿勢が求められた。
 
【関連記事】
【J2】日程・結果
【J2】京都が町田に競り勝ち首位堅持。磐田は終了間際の失点で逃げ切れず…名波山雅は秋田に4発完勝!
【2021・夏の移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、監督動向まとめ(8/10時点)
【J1】川崎が無敗キープの4連勝! 鳥栖がウノゼロ勝利で3位浮上、2位横浜は痛恨のドローで首位との勝点差は11に…
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ