「日本の“疾風”は止められない!」古橋亨梧の本拠地デビューを、BBC記者が手放しで称賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月09日

「鮮烈な輝きを放った」

セルティック・パークでのデビュー戦でハットトリックを達成した古橋。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月8日に行なわれたスコティッシュ・プレミアリーグの第2節で、セルティックはホームにダンディーを迎え、6-0で完勝した。

 今夏に加入した日本代表FW古橋亨梧は、セルティック・パークでの本拠地デビュー戦で、リーグ戦先発。3度にわたってゴールネットを揺らしてハットトリックを達成し、文字通り勝利の立役者となった。

 この活躍ぶりに、英公共放送『BBC』スコットランド版のトム・イングリッシュ記者は「魅惑的なプレーでチームに火をつけた」と絶賛している。

「背番号8が鮮烈な輝きを放った。セルティックの仲間たちは、彼のプレーで盛り上がった。ライアン・クリスティは生まれ変わったかのようなパフォーマンスを見せ、古橋とのコンビはファンの夢が結実したようなものだった。ダンディーは古橋をどう抑えていいか分からなかった。この日本の旋風は止められない。日本人プレーヤーに、いくつも決めるべきシーンがあったことは確かだが、それらすべてが刺激的な瞬間だった」
 
 この日、スタジアムには2万5000人まで入場が認められていた。記者は、68分に古橋が交代でピッチを去る際には、盛大な拍手が送られた場面にも言及している。

「観客がスタンディング・オベーションで彼に賛辞を贈ったのは、クオリティの高いプレーヤーであることは言うまでもなく、前線から積極的にディフェンスする姿、仕事人としての姿勢に感銘を受けたからだ。GKジョー・ハートがハーフタイム前と試合後に、小さな日本人ストライカーの歩みを待ち、ハイタッチで迎え入れた姿からも、その評価の高さは見て取れた」(『BBC』)

 また、新指揮官となったアンジェ・ポステコグルー監督へも「これからのセルティックの兆しを見せた」と称賛を送った。

「古橋の活躍はもちろん、サポートした選手たちも容赦しなかった。ダンディー戦だけだろう、という人もいるかもしれない。だが、久しくこんなセルティックの姿は見ることができなかったのだ。全員が本気でボールを追いかけ、サポーターの熱も高まった。この日、スタジアム外ではクラブに抗議のデモが行なわれるなんて噂もあったが、そんな懸念は無駄に終わった。こんなにホームでの応援が楽観的なのは、久しぶりだ」

 セルティックは昨シーズン、宿敵レンジャーズに王座を明け渡しており、今シーズンでの王座奪還を目標に掲げている。ホームで鮮烈なデビューを飾った古橋には、“救世主”としての期待が高まっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画&PHOTO】古橋の照れ臭そうなにかみ笑顔が大反響! ハットトリックを達成した「3」ポーズも

【PHOTO】移籍直後から得点量産中!セルティックで活躍する古橋亨梧を特集!
【関連記事】
「新ヒーローが誕生」古橋亨梧の衝撃デビューに称賛の嵐! 現地サポに“最高にキュート”と大反響の場面とは?
「この男が我々を誇らしくした」吉田麻也の東京五輪での振る舞いをサンプドリア公式が称賛! ファンも同調「偉大な戦士だ」
「あの2か国からはボールを奪えない」“デュエル王”遠藤航がこぼした驚きの言葉に世界との差を感じた【東京五輪】
「来週には完了させたい」冨安健洋のトッテナム行き交渉は、五輪終了で最終局面へ。英メディアが報じる
神戸がまたも大型補強!元バルサのボージャンを獲得!イニエスタとともにリーガ3連覇も経験

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ