「残酷な結末」ブラジルに決勝で敗れたスペイン代表、現地紙はため息「運を使い果たした」【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月08日

スペインは決勝で延長戦に持ち込んだ末、ブラジルに敗れた

延長戦終了のホイッスルが鳴った瞬間、両軍の選手はフィールドに倒れ込んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 8月7日、東京五輪の男子サッカー決勝が行なわれ、スペインとブラジルが対戦し、延長戦の末、ブラジルが2-1で勝利を収め、大会2連覇を達成した。

 前半アディショナルタイムにマテウス・クーニャのゴールで先制したブラジルだが、61分にミケル・オヤルサバルのゴールで同点とされる。そのまま延長戦に勝負は持ち越され、延長108分に途中出場のマウコムが、同じく途中出場のヘスス・バジェホを振り切って左足を振りぬき、守護神ウナイ・シモンが守るゴールネットを揺らし、勝負を決めた。

 スペイン紙『as』は「シルバーメダルと失望」と銘打ち、若きスペイン代表が残した結果にため息を抑えきれない様子だ。

「どちらに転んでもおかしくない試合だったが、ブラジルは延長後半で技量を見せつけて勝利し、準々決勝、準決勝で運を使い果たしたスペインは、今度は敗北の苦みを味わい、日本を後にすることになった。彼らはこの経験を、次のワールドカップやEUROでさらに飛躍するためのきっかけにしなければならない」
 
 また、「日本での試合は全般的にリズムが悪かった。湿度92%という環境で体力を消耗しないように務め、らしくないプレーも多かった」と東京五輪を通じてのパフォーマンスにも疑問符を投げかけている。

「ブラジルの攻撃陣にスペインは恐怖心を抱き続けていた。気を吐いていたのはカルロス・ソレールくらいで、彼のプレーこそがオヤルサバルの同点ゴールを引き出した。だが、そのあとに2度のビッグチャンスを逃し、チームは勝利から遠ざかった。

 延長戦の前は、ほとんどの選手が酸素ボンベを求めているような状態だった。そして、バジェホの痛恨のアクションがスペインの希望を終わらせたのだ」

 だが、悲観してばかりではない。彼らの戦いぶりからは確かに「スペイン代表の新しい時代の到来」を確信したと綴っている。

「決勝戦でブラジルに敗れ、銀メダルで終えるという苦くて残酷な結末を迎えた彼らは、新しい時代の担い手だ。エキサイティングさにおいては、成功した旅だったと言ってもいい。少しの間、オリンピックの銀メダルを満喫しよう。おそらく、彼らを擁するスペインが金メダルを味わう日は、そう遠くはない」 

 目の前でブラジルに金メダルを奪われたスペイン。その心は早くも、リベンジに燃えているはずだ。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪PHOTO】ペドリ!リシャルリソン!久保!東京オリンピックで注目の30選手を一挙紹介!
【関連記事】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「プレゼントをありがとう、兄弟」ブラジル代表DFアウベスが背番号8の神戸ユニ姿を披露!【東京五輪】
「日本に感謝」「金メダルは逃したけれど…」スウェーデン代表GK、オリンピックを終えた想いを綴る【東京五輪】
「選手村は夢のよう」日本を破った“ラ・ロヒータ”が集大成の大一番に挑む【U-24スペイン代表の東京五輪滞在記2】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ