「自分の力不足」吉田麻也がメキシコ戦3失点に猛省。U-24代表の総評は?「仲が良いなかでも…」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

「ダメな部分がストレートに出てしまった」

キャプテンとして全試合に出場し、最後尾からチームを支えた吉田。メキシコ戦の自身のプレーについては…。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は8月6日、東京オリンピックの3位決定戦でU-24メキシコ代表と対戦し、1-3で敗戦。あと一歩のところでメダルを逃した。

 ここまで大会の全6試合にキャプテンとして出場し、最後尾からチームを支えてきた吉田麻也は、3失点を喫したメキシコ戦での守備について、「自分の力不足」と猛省した。

「セットプレーの脅威は1試合目(グループステージのメキシコ戦)から分かっていましたし、そこが防げなかったのは痛い。立ち上がりに失点してしまったのも痛いですし、ダメな部分がストレートに出てしまった。良い選手は同じことを繰り返さないと思いますし、自分の力不足かなと思います」
 
 金メダルを目指して長い時間をともに過ごしてきたU-24日本代表の面々については、「ポテンシャルはある。仲が良いなかでも厳しく追及できるチーム」と評価。そのうえで、自国開催の五輪が終わったが「立ち止まっている時間はない」と語尾を強めた。

「やっぱりこれからの活躍が大事だと思うので、どれだけの選手がワールドカップに残っているか。どれだけの選手が主力で残っているか。そこが一番大事かなと思います」

 酒井宏樹、遠藤航とともにオーバーエイジ枠としてチームに合流してから約1か月。最後のゲームに勝利して目に見えるメダルという結果は残せなかった。それでも吉田は、「悔しいですけど、出し切りました。また進むしかないですね」とすでに先を見つめていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦。53年ぶりのメダル獲得とはならず...
 
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
まさかの3失点に絡んだ遠藤航…ベスト4の功労者に最低点をつけなければならない悲しい結末【東京五輪】
「日本を表彰台から叩き落すことで、礼を尽くした」メキシコ・メディアは53年越しの逆襲に歓喜【東京五輪】
「あんまり泣かないので、分かんないですけど…」久保建英が打ち明ける涙の真意【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ