【メキシコ戦のスタメン予想】銅メダルを懸けた大一番に挑む11人は? 準決勝からの変更は3箇所か/東京五輪

カテゴリ:国際大会

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年08月06日

グループステージでは2-1で日本が勝利

ラストマッチとなるメキシコ戦の予想スタメン。

画像を見る

 スペインとの準決勝に敗れたU-24日本代表は6日、53年ぶりのメダルを懸けてメキシコと対戦する。

 グループステージで対戦した時は2-1で日本が勝利。メキシコは「同じ相手には負けられない」とリベンジに燃えているはずで、銅メダルを争う一戦は、激しい攻防となるだろう。この大一番で、森保一監督はどんなスタメンを起用するのか。ラストゲームに挑む11人を予想してみたい。

 中2日で5試合を戦ってきた選手たちの疲労は相当溜まっているだろう。だが、残り1試合。指揮官はそれほど手を加えないと見る。

 GKは全試合に先発している谷晃生だ。ニュージーランド戦ではPK戦でヒーローとなり、スペイン戦では好セーブを連発した。ここまで出番のない大迫敬介を起用する可能性もなくはないが、ここは正守護神に託すだろう。

 最終ラインは、今大会抜群の安定感を見せてきた4バック、右から酒井宏樹、吉田麻也、出場停止明けの冨安健洋、中山雄太と予想。あるとすれば旗手怜央の左SB起用だが、オーバーエイジで吉田が加わるまでキャプテンとしてこのチームを支えてきた中山は、スタートからピッチに立たせるべき選手だ。
 
 不動のダブルボランチは、遠藤航と田中碧。代えが利かず、奮迅の活躍を見せてきた
2人の疲労は気が掛かりだが、最後まで走りきって欲しい。

 2列目は、コンディションに問題がなければ、右サイドの堂安律とトップ下の久保の先発は間違いない。ただ、スペイン戦後、前者は「身体はボロボロだった」とこぼしており、フルに出られる状態でなければ、三好康児が代役となるだろう。

 左サイドハーフは、大会に入ってから重用されている旗手怜央か、相馬勇紀と予測。疲労も考慮して、後者がスターターを務めるのではないか。スペイン戦でベンチを外れるなど、ここまでわずか2試合・40分間しか出場していない三笘薫が抜擢されればサプライズだ。

 CFはここまで4試合で先発している林大地の疲労を考え、上田綺世か前田大然に託すか。先発したフランス戦では悪くないプレーを見せていた上田の、大会初ゴールに期待したい。

 色は何であれ、メダルを獲って終われば「成功だった」と評価できるが、できなければ残念ながら「失敗」と言わざるを得ない。このチームにその言葉は相応しくない。最後の力を振り絞って、メキシコを返り討ちにしてほしい。

文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 
 
【関連記事】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
天国か地獄のメキシコ戦。切に願うのは吉田麻也の“3度目の正直”【東京五輪/編集長コラム】
懸念される燃え尽き症候群。メキシコとの3位決定戦の意義はあるのか【東京五輪/編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ