【中断明けの青写真|柏】巻き返しの鍵はペドロ・ハウル! ビルドアップ時の課題克服へ、武藤雄樹との連係に注目!

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2021年08月04日

抱える問題のひとつは攻撃の単調化とアイデア不足

直近の3試合で圧倒的な存在感を示したペドロ・ハウルの得点力に期待だ。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 東京五輪開催でJリーグは一時中断。その間、各チームは戦力補強やミニキャンプ実施など、再開後に向けて準備を進めている。五輪後はいかなる戦いを見せてくれるか。ここでは、J1の柏レイソルを取り上げる。

――◆――◆――

 勝点20の16位と、柏は依然として苦しい状況に置かれているが、中断前のリーグ戦3試合は2勝1敗と復調の兆しは見えた。

 巻き返しの鍵を握るのは、直近の3試合で圧倒的な存在感を示したペドロ・ハウルだ。

 今季新加入の大型FWは、オルンガの後釜としての活躍が期待された。しかし入国規制が解け、4月にチームに合流したものの、5月5日のルヴァンカップ・浦和戦で左肩を負傷し、1か月以上の戦列離脱を余儀なくされた。それでも復帰戦となった19節の湘南戦で初スタメンを飾ると、全4得点に絡む出色のプレーでチームの連敗を食い止め、中断前最後の試合となった鹿島戦でも決勝点を決めて、6試合ぶりのホーム勝利に大きく貢献した。
 
 ただ、柏が抱える課題のひとつに、攻撃の単調化とアイデア不足が挙げられる。選手たちはネルシーニョ監督からの「相手の背後のスペースを突く」という要求を忠実にこなそうとするあまり、奪ったボールを素早く前線のスペースへ送り、それが裏一辺倒の単調な攻撃になる傾向が強い。

 相手の背後を突くことを第一の選択肢に入れながらも、守備から攻撃に切り替わったときには、状況に応じて各選手がボールを引き出すアクションを増やし、ロングボールだけではなく、スムーズなビルドアップから前線への効果的な供給手段を確立する必要がある。それが中断期間に課される柏の重要な改善ポイントだ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ