「決断を尊重して理解してあげてください」松岡大起の清水電撃移籍に朴一圭がエール!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月02日

「大起がこの決断をするまでにどれほど悩んだかを間近でみてきました」

松岡の決断を尊重してほしいと呼びかけた朴一圭。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 まさに青天の霹靂だった。

 清水エスパルスは8月2日、サガン鳥栖から松岡大起を完全移籍で獲得したことを発表した。

 現在20歳の松岡は鳥栖U-18出身。2019年に高校3年生ながらプロ契約を勝ち取った。同シーズンはJ1で23試合に出場し、翌20年シーズンはリーグ32試合に出場。今季はリーグ22節終了時点で21試合に出場するなど、現在4位と躍進するチームを支えていた。

 そんなチームの中心選手の移籍に、GK朴一圭が自身のインスタグラムを更新し、「大起の移籍」と題し以下のようにコメントした。

「大起がこの決断をするまでにどれほど悩んだかを間近でみてきました。何度も相談にのっていてその中で大起自身が考えぬいて決めた結果です。大起と一緒にいた時間は決して長くはないですが、それでも大起がどれほどサガン鳥栖を愛し、誰よりもチームの為に走ってる事を僕だけではなくサポーターの方々も知っているはずです。大起自身の夢や目標の為、1人のサッカー選手としてチャレンジすると覚悟を持って決めた決断を尊重して理解してあげてください。

 大起頑張れ!!俺も負けないぞ。清水エスパルスの皆さん大起をよろしくお願いします!」

【画像】「パギさんありがとう」朴一圭が投稿した松岡大起への想い
 
 この投稿にファンも反応し、以下のようなコメントが寄せられた。

「大丈夫です。わかってます。でも世界に羽ばたいてくれないと怒ります」
「確定なん?」
「絶対負けませんよー」
「寂しい気持ちが強いですね…泣」
「どこに行っても応援する気持ちは変わらないので」
「頑張って。そしていつか帰っておいでね」
「アカン…泣く」
「パギさんありがとうございます」

 東京五輪の中断期間空けの8月9日、鳥栖はホームにFC東京を迎え撃つ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「生きてきた中で一番悩みました」鳥栖の松岡大起が清水へ完全移籍!恩師・金明輝監督への熱いメッセージも
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】チームの核は世代筆頭格の鳥栖ボランチ! 尚志高の規格外DFも
「ラグビーでも行ける」「泥臭さがいいよね」1トップ林大地の気迫のこもったデュエルに反響!【東京五輪】
スペイン紙が東京五輪の金メダル獲得チームを予想! 読者アンケートで1位となったチームは?【東京五輪】
「どれも的を射ている」川澄奈穂美が五輪敗退のなでしこへ、OGコメントとともにエール!【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ