「生きてきた中で一番悩みました」鳥栖の松岡大起が清水へ完全移籍!恩師・金明輝監督への熱いメッセージも

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月02日

「明輝さんがいたから、今の自分があります」

清水への完全移籍が決まった松岡。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1の清水エスパルスは8月2日、サガン鳥栖から松岡大起を完全移籍で獲得したことを発表した。

 現在20歳の松岡は鳥栖U-18出身で、2019年に高校3年生ながらプロ契約を勝ち取る。同シーズンはJ1で23試合に出場し、翌20年シーズンはリーグ32試合に出場。今季はリーグ22節終了時点で21試合に出場するなど、躍進するチームを支えていた。

 松岡は鳥栖のクラブ公式HPをとおして、以下のようにコメントしている。

「この移籍を考え、決断に至るまで、生きてきた中で一番悩みました。

 評価されているはずのポジティブな悩みなのに、毎日のルーティンをする中で、勝手に涙が出てきたり、口の中にたくさん口内炎ができたり、寝ているはずなのに、寝た気がしなかったり、目を動かす度に眼球が痛くなったりもしました。

 正直、今のサガン鳥栖なら、リーグ優勝を狙う事も出来るし、ACLを目指す事も出来ます。シーズンが終わってからでも遅くは無いのでは? と何度も自分自身に問いかけました。

 しかし、海外で活躍する為、自分の夢を叶える為、更に自分自身を奮い立たせ、新たな環境でプレーしたいという強い想いが、常に頭の中にあり続けました。

 チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです」(一部抜粋)
 
 また、ユース時代から師事していた金明輝監督への感謝の想いもコメントしている。

「最後に明輝さんへ。明輝さんがいたから、今の自分があります。

 どんな時も明輝さんは常に声をかけてくれました。プレーがうまく行かず、悩んでいる時に声をかけてくださいました。プレーにおごりがあった時も強く声をかけてくださいました。どんな事も僕の為を思って言って頂いた言葉で、すべてが僕にとって最高の思い出です。

 明輝さんは僕にとって最高の監督です。また必ず、成長した姿で会いに行きます。
本当にお世話になりました。ありがとうございました」(本文まま)

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
<2020ベストヒット!>「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「人にないものを持っている」鳥栖が生んだ新たな才能!中野伸哉の次に注目したい福井太智とはいかなるプレーヤーか?
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
「若きジャポンに圧倒された…」フランス戦快勝のU-24日本代表に仏メディアも感服!「ハタテが厄介だ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ